本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

イチョウは、さまざまな用途のために何千年もの間育てられてきた中国原産の木です。
古代の植物群の唯一の生き残ったメンバーであるため、生きている化石と呼ばれることもあります。

その葉と種子は伝統的な漢方薬でよく使用されますが、現代の研究は主に葉から作られるイチョウ抽出物に焦点を当てています。

イチョウのサプリメントは、いくつかの健康強調表示と使用に関連しており、そのほとんどは脳機能と血液循環に焦点を当てています。

ここにイチョウの12の利点があります。

イチョウの12の利点

イチョウには強力な抗酸化物質が含まれています

イチョウには、強力な抗酸化作用で知られる化合物であるフラボノイドとテルペノイドが高レベルで含まれています。酸化防止剤は、フリーラジカルの有害な影響に対抗または中和します。

フリーラジカルは、食物をエネルギーに変換したり解毒したりするなど、通常の代謝機能の間に体内で生成される反応性の高い粒子です。それでも、それらは健康な組織に損傷を与える可能性もあり、老化と病気の発症の加速に貢献します。

イチョウの抗酸化作用に関する研究は有望です。しかし、それがどのように機能し、特定の病気の治療にどれほど効果的であるかはまだはっきりしていません。

概要

イチョウには強力な抗酸化物質が含まれており、フリーラジカルの有害な影響と戦い、健康強調表示のほとんどのソースにある可能性があります。

関連記事

美しく輝く肌は、私たちの食べ方から始まりますが、これらのアンチエイジング食品はそれ以上の効果もあります。 抗酸化物質、健康的な脂肪、水、必須栄養素を含んだ活気のある食品は、私たちの体のアンチエイジングをサポートしてくれます。そしてそ[…]

イチョウは炎症と戦うのを助けることができます

炎症は、怪我や異物の侵入に対する身体の自然な反応の一部です。炎症反応では、免疫系のさまざまな構成要素が動員されて、外来の侵入者と戦ったり、負傷した領域を治癒したりします。

一部の慢性疾患は、病気やけががない場合でも炎症反応を引き起こします。時間が経つにつれて、この過度の炎症は、体の組織やDNAに永続的な損傷を引き起こす可能性があります。

何年にもわたる動物と試験管の研究により、イチョウ抽出物はさまざまな病状のヒト細胞と動物細胞の両方の炎症マーカーを減らすことができることが示されています。

イチョウ抽出物が炎症を軽減することが示されているいくつかの特定の状態は次のとおりです。

  1. 関節炎
  2. 過敏性腸疾患(IBD)
  3. 心臓病
  4. 脳卒中

このデータは有望ですが、これらの複雑な病気の治療におけるイチョウの役割について具体的な結論を出す前に、人間による研究が必要です。

概要

イチョウには、さまざまな状態によって引き起こされる炎症を軽減する能力があります。これは、それがそのような幅広い健康用途を持っている理由の1つかもしれません。

イチョウは循環と心臓の健康を改善します

伝統的な漢方薬では、銀杏の種子を使用して、腎臓、肝臓、脳、肺などのさまざまな臓器系へのエネルギーの「チャネル」を開きました。体のさまざまな部分への血流を増加させるイチョウの明らかな能力は、その想定される多くの利点の起源である可能性があります。

イチョウを補給した心臓病の人々を対象としたある研究では、体の複数の部分への血流が即座に増加することが明らかになりました。これは、血管の拡張に関与する化合物である循環一酸化窒素のレベルが12%増加したことに起因していました。

同様に、別の研究では、イチョウ抽出物で治療された高齢者でも同じ効果が示されました。

追加の研究では、心臓の健康、脳の健康、脳卒中の予防に対するイチョウの保護効果も指摘されています。これには複数の潜在的な説明があり、そのうちの1つは、植物に存在する抗炎症化合物である可能性があります。

イチョウが循環器と心臓と脳の健康にどのように影響するかを完全に理解するには、さらなる研究が必要です。

概要

イチョウは血管の拡張を促進することによって血流を増やすことができます。これは、循環不良に関連する疾患の治療に応用できる可能性があります

イチョウは精神障害と認知症の症状を軽減します

イチョウは、アルツハイマー病に関連する不安、ストレス、その他の症状、および加齢に伴う認知機能の低下を軽減する能力について繰り返し評価されてきました。

研究のレビューにより、イチョウ抽出物を従来の薬と組み合わせて使用​​すると、軽度のアルツハイマー病患者の機能的能力が向上する可能性があることが明らかになりました。別のレビューでは、4つの研究を評価し、イチョウを22〜24週間使用した場合、認知症に関連する症状の範囲が大幅に減少することを発見しました。

これらの肯定的な結果は、特に血管型の認知症に関連しているため、脳への血流を改善する上でイチョウが果たす可能性のある役割に関連している可能性があります。

全体として、認知症の治療におけるイチョウの役割を明確に述べたり反論したりするのは時期尚早ですが、最近の研究により、この部分がより明確になり始めています。

概要

イチョウがアルツハイマー病やその他の認知症を治療していると結論付けることはできませんが、場合によっては役立つ可能性があります。従来の治療法と併用すると、それが役立つ可能性が高まるようです。

関連記事

アルツハイマー病の概要 アルツハイマー病は進行性疾患であり、脳細胞が浪費(変性)して死に至ります。アルツハイマー病は認知症の最も一般的な原因でしょうか?アルツハイマー病は思考、行動、社会的スキルの継続的な低下により、個人が独立して機[…]

イチョウは脳機能を改善し幸福を高めます

イチョウが健康な人の脳機能を高めるかもしれないといういくつかの推測があります。

少数の小規模な研究は、イチョウの補給が精神的パフォーマンスと知覚された幸福を高める可能性があるという考えを支持しています。このような研究の結果は、イチョウを記憶力、集中力、注意力の向上に結びつけるという主張を引き起こしました。

しかし、これに関する研究の大規模なレビューでは、イチョウを補給しても、記憶力、実行機能、注意力に測定可能な改善は見られなかったと結論付けられました。

イチョウを補給すると精神的能力が向上する可能性がありますが、保証はありません。

概要

いくつかの研究は、イチョウが健康な人々の精神的パフォーマンスを改善するかもしれないことを示していますが、データは一貫していません。

関連記事

優雅に老化するとはどういうことでしょうか。優雅に老化することは、20代のように見せようとすることではありません。それは、最高の人生を送り、それを楽しむために心身の健康を保つことです。ワインのボトルのように、あなたは適切な注意を払うことで年[…]

イチョウは不安を軽減することができます

いくつかの研究は、イチョウの補給が不安の症状を軽減するかもしれないことを示しています。一握りの動物実験では、イチョウの抗酸化物質含有量に起因する可能性のある不安症状の減少が観察されています。

ある研究では、全般性不安障害の170人が240mgまたは480mgのイチョウまたはプラセボで治療されました。最高用量のイチョウで治療されたグループは、プラセボグループと比較して、不安の症状の45%大きな減少を報告しました。

イチョウを補給することで不安を軽減できるかもしれませんが、利用可能な研究から決定的な結論を引き出すにはまだ時期尚早です。

概要

いくつかの研究は、イチョウが不安の治療に役立つ可能性があることを示していますが、これはおそらくその抗酸化物質の含有量によるものです。

イチョウはうつ病を治療することができます

動物実験のレビューは、イチョウの補給がうつ病の症状の治療に役立つ可能性があることを示唆しています。

やむを得ないストレスの多い状況の前にイチョウを摂取したマウスは、サプリメントを摂取しなかったグループよりもストレスによる感情的な影響が少ない結果となりました。

この研究は、この効果がイチョウの抗炎症特性に関連していることを示しました。これは、ストレスホルモンレベルが高いときに体が対処する能力を向上させます。

しかし、うつ病はさまざまな根本的な原因があるかもしれない複雑な状態です。イチョウとそれが人間のうつ病にどのように影響するかとの関係をよりよく理解するには、より多くの研究が必要です。

概要

イチョウの抗炎症作用は、うつ病を治療する可能性を与えます。さらなる研究が必要です。

関連記事

うつ病の概要 うつ病は、持続的な悲しみや興味の喪失を引き起こす気分障害です。大うつ病性障害または臨床的うつ病とも呼ばれ、気分、思考、行動に影響を及ぼし、さまざまな感情的および身体的問題を引き起こす可能性があります。あなたは通常の日常[…]

イチョウは視力と目の健康をサポートできます

イチョウが視力と目の健康にどのように関係しているかを調査した研究よると、イチョウを補給した緑内障の人は、眼への血流が増加したことが示されましたが、これは必ずしも視力の改善につながるとは限りません。

2つの研究の別のレビューでは、加齢性黄斑変性症の進行に対するイチョウ抽出物の効果を評価しました。一部の参加者は視力の改善を報告しましたが、これは全体的に統計的に有意ではありませんでした。

これらの肯定的な結果の多くは、眼への血流の増加に関連しているようです。

イチョウがまだ視力障害に苦しんでいない人の視力を改善するかどうかは不明です。イチョウが視力を高めることができるのか、それとも変性眼疾患の進行を遅らせることができるのかを判断するには、さらに研究が必要です。

概要

いくつかの初期の研究は、イチョウの補給が眼への血流を増加させるかもしれないが、必ずしも視力を改善するわけではないことを示しています。さらなる研究が必要です。

イチョウは頭痛や片頭痛を治療できます

伝統的な漢方薬では、イチョウは頭痛や片頭痛の非常に人気のある治療法です。頭痛を治療するイチョウの能力に関する研究はほとんどありません。ただし、頭痛の根本的な原因によっては、それが役立つ場合があります。

たとえば、イチョウには抗炎症作用と抗酸化作用があることはよく知られています。過度のストレスによって頭痛や片頭痛が引き起こされる場合は、イチョウが役立つことがあります。さらに、頭痛が血流の減少または血管の収縮に関連している場合、血管を拡張するイチョウの能力は症状を改善する可能性があります。

しかし、一部の片頭痛は血管の過度の拡張によって引き起こされます。この状況では、イチョウはほとんどまたはまったく効果がない可能性があります。片頭痛にイチョウを試したい場合、それが多くの害を引き起こす可能性は低いですが、効果が少ない場合があります。

概要

イチョウは血流を増加させ、炎症を軽減する能力があるため、ある種の頭痛の効果的な治療法となる可能性があります。

関連記事

頭痛の概要 頭痛は頭のどの部分でも痛みが起こります。頭痛は、頭の片側または両側で発生するか、特定の場所に孤立している、一点から頭全体に放射状に広がる、または万力のような性質を持っている可能性があります。 頭痛は、鋭い痛み、ズキ[…]

イチョウは喘息とCOPDの症状を改善することができます

いくつかの研究は、イチョウが喘息やCOPDのような他の炎症性呼吸器疾患の症状を改善する可能性があることを示しています。これは、イチョウの抗炎症化合物に起因し、気道の炎症を軽減し、肺活量を増加させる可能性があります。

75人を対象としたある研究では、喘息の症状を管理するための糖質コルチコイド薬物療法と一緒にイチョウ抽出物の使用を評価しました。イチョウを投与された人の唾液中の炎症性化合物のレベルは、伝統的な薬を単独で投与された人よりも有意に低い結果となりました。

100人を対象とした別の研究では、COPDの症状を治療するために、イチョウを含むハーブの混合物の使用を評価しました。ハーブ処方を使用した人々は、対照群と比較して、3か月のフォローアップで咳と気管支炎のかなりの減少を報告しました。

現時点では、この改善がイチョウだけに起因するのか、それとも治療群の処方で使用される他のハーブの相乗効果であるのかを判断することはできません。これらの結果は有望ですが、イチョウのこの特定のアプリケーションに関するさらなる研究が必要です。

概要

イチョウは、その抗炎症作用のために呼吸器疾患に関連する症状を治療する可能性があります。さらなる研究が必要です。

関連記事

喘息の概要 喘息は、気道が狭く膨らみ、余分な粘液を生成する可能性がある状態です。これにより、呼吸が困難になり、咳、息を吐くときの口笛の音(喘鳴)、息切れを引き起こす可能性があります。 一部の人々にとって、喘息は[…]

関連記事

Covid-19:私たちが心に留めておくべきマスクを着用することによる7つの副作用 世界的にサージカルマスクは、covid-19の感染を防ぐために公共の場で着用する必要があるとされています。予防原則に従って、万が一の場合に備えて、明[…]

イチョウはPMSの症状を軽減します

予備調査によると、イチョウは月経前症候群(PMS)の身体的症状と心理的症状の両方の治療に役立つ可能性があります。

85人の大学生を対象としたある研究では、イチョウを摂取したときに報告されたPMS症状が23%減少したことが明らかになりました。興味深いことに、この研究のプラセボグループもPMS症状のわずかな減少を経験しましたが、8.8%とはるかに低かったです。

イチョウと月経前症候群の症状の因果関係をよりよく理解するには、さらなる研究が必要です。

概要

イチョウは月経前症候群の症状を軽減するのに役立つかもしれませんが、より多くの研究が必要です。

関連記事

マカの概要 マカの根は「ペルー人参」としても知られる塊茎です。栽培条件は非常に特殊で、地元の人々が生で、調理して、または茹でて食べ、日常の定番となったアンデスの氷河に覆われた斜面でのみ繁栄します。 マカは近縁の[…]

イチョウは性機能障害を治療します

いくつかの情報源は、イチョウが勃起不全や性欲減退などの性機能障害を治療する可能性があることを示しています。イチョウには、一酸化窒素の血中濃度を改善する能力があり、血管の拡張を介して循環を改善します。

その結果、イチョウはまた、体のそれらの領域への血流を改善することにより、性機能障害のさまざまな症状を治療するのに役立つ可能性があります。

いくつかの研究では、抗うつ薬(SSRI)の使用によって引き起こされる性機能障害を治療するためにイチョウを使用することを調査しました。結果は、これらの場合、イチョウはプラセボよりも効果的ではなかったことを示しました。さらに、イチョウとSSRI薬の間に相互作用があり、効果が低下する可能性があります。

ある研究では、性的心理療法を同時に受けている女性の性的欲求と満足感を高めるためにイチョウの使用を評価しました。

概要

イチョウは、血流に影響を与えるため、性機能障害の症状を改善する可能性があります。

関連記事

健康的な性欲を持つことは、肉体的および感情的に健康であると感じることに関連しています。あなたが食べる食べ物があなたの性生活を後押しする役割を果たしてくれます。 栄養価の高い食事は多くの点であなたの性生活に利益をもたらすことができます。①あ[…]

関連記事

勃起不全(ED)の概要 勃起不全(インポテンス)は、セックスに十分な勃起を維持することができないことです。時々勃起障害があることは必ずしも心配の原因ではありません。しかし、勃起不全が進行中の問題である場合、それはストレスを引き起こし[…]

関連記事

あなたとあなたのパートナーが不妊の問題を経験している場合は、あなたが一人ではないことを知ってください。不妊症はあなたが思っているよりも一般的です。 これはカップルの6組中1組に影響を及ぼし、研究者は3組中1組が男性のパートナーの生殖[…]

イチョウの潜在的な副作用

ほとんどの成人にとって、イチョウの摂取に伴うリスクは比較的低いですが、イチョウが深刻な害を及ぼす可能性がある場合があります。

アルキルフェノールを含む植物にアレルギーがある場合、または特定の薬を服用している場合は、イチョウを服用しないでください。

考えられる副作用は次のとおりです。

  1. 吐き気
  2. 下痢
  3. めまい
  4. 頭痛
  5. 胃痛
  6. 発疹/アレルギー反応

イチョウは、特定の薬と不利に相互作用する可能性があります。一部の相互作用は、出血のリスクを高める可能性があります。考えられる有害な薬物相互作用は次のとおりです。

  1. 抗凝血剤(ワルファリン、アスピリン)
  2. SSRI / MAOI /抗うつ薬(プロザック、ゾロフト)
  3. NSAIDS(イブプロフェン、タイレノール)

概要

イチョウ葉の服用により負の副作用や薬の悪影響が発生した場合は使用を中止して、医師に相談しましょう。

関連記事

食べ物やアレルギーについて考えるとき、副作用を避けるために特定の食べ物を食事から遠ざけることを考えるかもしれません。しかし、花粉症などの季節性アレルギーと食品との関係は、交差反応性食品として知られている食品のいくつかのグループに限定されて[…]

イチョウの投与量と補足

イチョウは次の形で市販されています。

  • カプセル
  • タブレット
  • 液体抽出物
  • 乾燥した葉/お茶

現在の研究のほとんどは、精製されたイチョウ抽出物で使用された結果を反映しています。生の銀杏の種は有毒なので食べないでください。

イチョウに関する研究の限界の1つは、標準化された投薬を使用しなかったことです。しかし、数多くの検証により、120〜240mgを1日を通して数回に分けて服用することの安全性を裏付けているようです。

明確に定義された最大投与量はありませんが、より低い投与量から始めて、耐性を確保するために上に向かって進むのが賢明です。ほとんどの研究では、1日あたり600 mgを超える用量を評価していないため、この量を超えることはおそらく良くないでしょう。

効果を実感するまでに最大6週間かかる場合があることを忘れないでください。

概要

イチョウにはさまざまな形態があり、1日を通して合計120〜240mgを数回服用すると最も効果的であるようです。

おススメのイチョウ製品3選

ここからはおススメのイチョウ製品のサプリメントやお茶などをご紹介します。

マルマン イチョウ葉エキス 440㎎×100粒 [機能性表示食品]

25年以上、販売実績のあるイチョウ葉エキスが機能性表示食品となりました。
本品にはイチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンが含まれています。

イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンには加齢により認知機能の一部である記憶機能(情報を記憶し、これをスムーズに思い出して判断する機能)が低下することを緩和する働きがあると報告されています。

オリヒロ NLティー 100% イチョウ葉茶

残留農薬323種類検査済み、原料の受け入れから最終製品の検査まで衛生的な設備を完備した工場で製造したイチョウ葉茶です。

イチョウ葉のエキスには20種類以上ものフラボノイドが含まれています。フラボノイドはビタミンEと似たような働きが確認されております。またイチョウ葉エキスには血液凝固を抑制する働きも認められ、中高年以降の健康のパートナーとして注目されています。特にこれからの高齢化社会で問題となるボケや高血圧との関係が現在研究されております。

DHA・EPA・エゴマ油などオメガ3脂肪酸とイチョウ葉エキスのサプリ【おめがさん】

楽天ランキングジャンル別1位獲得の、おめがさん です。
1位獲得ジャンルは、DHA・EPA部門・イチョウ葉部門の2部門になります!

成分はバランスよく配合しました。DHA・EPAはもちろん、クリルオイル、エゴマ油といった、オメガ3脂肪酸をたっぷり配合しています。特にイチョウ葉エキスは1日2粒目安で120mg含有しています。

結論

イチョウ葉は、強力な抗炎症作用と抗酸化作用、そして循環を改善する能力を持っています。

また、これらの特性はその背後にある科学がまだやるべきことがいくつかあるものの、多くの体のシステムや病気に影響を与える可能性があります。

イチョウは何世紀にもわたって使用されてきましたが、それがどのように機能するかは完全には理解されていません。利用可能な調査の多くは一貫性がないか決定的ではなく、それを覚えておくことが重要です。

他のハーブサプリメントと同様に、リスクが伴います。あなたがアレルギーを持っているか、特定の薬を服用している場合、イチョウは深刻な健康上の合併症を引き起こす可能性があります。イチョウを日常的に摂取することを考えている場合は、最初に医師に相談してください。

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!