本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

アルツハイマー病の概要

アルツハイマー病は進行性疾患であり、脳細胞が浪費(変性)して死に至ります。アルツハイマー病は認知症の最も一般的な原因でしょうか?

アルツハイマー病は思考、行動、社会的スキルの継続的な低下により、個人が独立して機能する能力が損なわれます。

病気の初期の兆候は、最近の出来事や会話を忘れている可能性があります。病気が進行するにつれて、アルツハイマー病の人は重度の記憶障害を発症し、日常の仕事を遂行する能力を失います。

現在のアルツハイマー病の薬は、一時的に症状を改善したり、衰退の速度を遅くしたりする可能性があります。これらの治療法は、アルツハイマー病の人々が機能を最大化し、しばらくの間独立性を維持するのに役立つ場合があります。さまざまなプログラムやサービスが、アルツハイマー病の人々とその介護者を支援するのに役立ちます。

アルツハイマー病を治したり、脳の病気のプロセスを変えたりする治療法はありません。病気の進行した段階では、脳機能の深刻な喪失による合併症、脱水症、栄養失調、感染症などにより死に至る場合があります。

アルツハイマー病の症状

記憶喪失はアルツハイマー病の主要な症状です。病気の初期の兆候は通常、最近の出来事や会話を思い出すのが難しいことです。病気が進行するにつれて、記憶障害が悪化し、他の症状が現れます。

最初、アルツハイマー病の人は、物事を覚えたり、考えを整理したりするのが難しいことに気づいているかもしれません。家族や友人は、症状がどのように悪化するかに気付く可能性が高くなります。

アルツハイマー病に関連する脳の変化は、以下の問題の増大につながります。

記憶

誰もが時折記憶を失います。鍵をどこに置いたかわからなくなったり、知人の名前を忘れたりするのは普通のことです。しかし、アルツハイマー病に関連する記憶喪失は持続し悪化し、職場や家庭で機能する能力に影響を及ぼします。

アルツハイマー病の人の特徴

  1. ステートメントと質問を何度も繰り返します
  2. 会話、予定、イベントを忘れてしまいます
  3. 所持品を日常的に置き忘れ、しばしば非論理的な場所に置きます
  4. 身近な場所で迷子になる
  5. やがて家族の名前や日用品を忘れてしまう
  6. オブジェクトを識別したり、考えを表現したり、会話に参加したりするのに適切な単語を見つけるのに苦労している

思考と推論

アルツハイマー病は、特に数字などの抽象的な概念について、集中力と思考力を低下させます。マルチタスクは特に難しく、財務の管理、小切手帳のバランス調整、時間通りの請求書の支払いが難しい場合があります。これらの困難は、数字を認識して処理することができなくなる可能性があります。

判断と決定を行う

日常の状況で合理的な決定や判断を下す能力は低下します。たとえば、人は社会的交流において貧弱なまたは特徴のない選択をしたり、天候に不適切な服を着たりすることがあります。ストーブでの食べ物の燃焼や予期しない運転状況など、日常の問題に効果的に対応するのは難しい場合があります。

おなじみのタスクの計画と実行

食事の計画や調理、お気に入りのゲームのプレイなど、一連の手順を必要とするかつての日常的な活動は、病気が進行するにつれて苦労します。最終的に、高度なアルツハイマー病の人は、着替えや入浴などの基本的なタスクを実行する方法を忘れる可能性があります。

性格と行動の変化

アルツハイマー病で発生する脳の変化は、気分や行動に影響を与える可能性があります。問題には次のものが含まれる場合があります。

  1. うつ病
  2. 無関心
  3. 社会的ひきこもり
  4. 気分のむら
  5. 他人への不信
  6. 過敏性と攻撃性
  7. 睡眠習慣の変化
  8. さまよう
  9. 抑制の喪失
  10. 何かが盗まれたと信じるなどの妄想
  11. 保存されたスキル


    多くの重要なスキルは、症状が悪化している間でも長期間保持されます。保存されているスキルには、本を読んだり聞いたり、物語を語ったり回想したり、歌ったり、音楽を聴いたり、踊ったり、絵を描いたり、工芸品を作ったりすることが含まれます。これらのスキルは、病気の経過の後半に影響を受ける脳の部分によって制御されるため、より長く保存される可能性があります。

いつ医者に診てもらうか

治療可能な状態を含む多くの状態は、記憶喪失または他の認知症の症状を引き起こす可能性があります。記憶力やその他の思考スキルが心配な場合は、徹底的な評価と診断のために医師に相談してください。

家族や友人に見られる思考スキルが心配な場合は、心配事について話し、一緒に医師の診察を受けることについて尋ねてください。

アルツハイマー病の原因

科学者たちは、ほとんどの人にとって、アルツハイマー病は、時間の経過とともに脳に影響を与える遺伝的、ライフスタイル、環境要因の組み合わせによって引き起こされると信じています。

アルツハイマー病は、1%未満の確率で、人が病気を発症することを事実上保証する特定の遺伝子変化によって引き起こされます。これらのまれな出来事は通常、中年に発病を引き起こします。

アルツハイマー病の正確な原因は完全には理解されていませんが、その核心は、正常に機能せず、脳細胞(ニューロン)の働きを妨害し、一連の毒性イベントを解き放つ脳タンパク質の問題です。ニューロンは損傷を受け、相互の接続を失い、最終的には死にます。

損傷はほとんどの場合、記憶を制御する脳の領域で始まりますが、プロセスは最初の症状の何年も前に始まります。ニューロンの喪失は、ある程度予測可能なパターンで脳の他の領域に広がります。病気の後期までに、脳は大幅に縮小しました。

研究者は2つのタンパク質の役割に焦点を当てています

参照:https://www.researchgate.net/

①Plaques(プラーク)
ベータアミロイドは、より大きなタンパク質の残りの断片です。これらの断片が一緒にクラスター化すると、ニューロンに毒性作用を及ぼし、細胞間コミュニケーションを妨害します。これらのクラスターはアミロイドプラークと呼ばれるより大きな沈着物を形成し、これには他の細胞破片も含まれます。

②Tangles(タウタンパク質)
タウタンパク質は、ニューロンの内部サポートおよび輸送システムで役割を果たし、栄養素やその他の必須物質を運びます。アルツハイマー病では、タウタンパク質は形を変え、神経原線維変化と呼ばれる構造に組織化されます。輸送システムを混乱させ、細胞に有毒です。

タウタンパク質(タウタンパクしつ、: Tau protein)は、微小管を安定化するタンパク質である。ギリシャ文字の τ(タウ)を用いて、τタンパク質と表記されることもある。タウタンパク質は中枢神経系神経細胞に豊富に存在するが、他の部位では一般的ではない。中枢神経系のアストロサイトオリゴデンドロサイトでも極めて低レベルで発現している。アルツハイマー病パーキンソン病のような神経系の病理や認知症は、適切な微小管安定化能を失ったタウタンパク質と関係している。

Wikipedia

アルツハイマー病の危険因子

年齢

加齢は、アルツハイマー病の最大の既知の危険因子です。アルツハイマー病は通常の老化の一部ではありませんが、年をとるにつれてアルツハイマー病を発症する可能性が高くなります。

家族歴と遺伝学

家族間のアルツハイマー病のほとんどの遺伝的メカニズムはほとんど説明されていないままであり、遺伝的要因はおそらく複雑です。よりよく理解されている遺伝的要因の1つは、アポリポタンパク質E遺伝子(APOE)の一種です。遺伝子のバリエーションであるAPOEe4はアルツハイマー病のリスクを高めますが、この遺伝子のバリエーションを持つすべての人がアルツハイマー病を発症するわけではありません。

科学者たちは、3つの遺伝子にまれな変化(突然変異)があり、そのうちの1つを継承する人がアルツハイマー病を発症することを事実上保証していることを確認しました。しかし、これらの突然変異はアルツハイマー病の人々の1パーセント未満を占めています。

ダウン症

ダウン症の人の多くはアルツハイマー病を発症します。これはおそらく21番染色体の3つのコピーを持っていることに関連していると考えられます。ベータアミロイドの作成につながるタンパク質の遺伝子の3つのコピーです。アルツハイマー病の兆候と症状は、ダウン症の人の方が一般の人よりも10〜20年早く現れる傾向があります。

性別

男性と女性の間でリスクにほとんど違いはないように見えますが、一般的に男性よりも長生きするため、全体として、この病気の女性の方が多くなっています。

軽度認知障害

軽度認知障害(MCI)は、記憶力またはその他の思考スキルの低下であり、人の年齢に期待されるものよりも大きくなりますが、その低下は、人が社会的または職場環境で機能することを妨げるものではありません。

MCIを患っている人は、認知症を発症する重大なリスクがあります。主なMCIの不足が記憶である場合、アルツハイマー病のために状態が認知症に進行する可能性が高くなります。 MCIの診断により、人は健康的なライフスタイルの変化に集中し、記憶喪失を補うための戦略を開発し、症状を監視するために定期的な医師の診察をスケジュールすることができます。

過去の頭部外傷

重度の頭部外傷を負った人は、アルツハイマー病のリスクが高くなります。

睡眠パターンが悪い

研究によると、入眠困難や入眠困難などの睡眠パターンの悪さは、アルツハイマー病のリスク増加と関連していることがわかっています。

ライフスタイルと心臓の健康

研究によると、心臓病に関連する同じ危険因子がアルツハイマー病のリスクも高める可能性があります。下記のものがあります。

  1. 運動不足
  2. 肥満
  3. 喫煙または間接喫煙への暴露
  4. 高血圧
  5. 高コレステロール
  6. 制御が不十分な2型糖尿病

これらの要素は生活習慣を変えることで、リスクをある程度変えることができます。
たとえば、定期的な運動と果物や野菜が豊富な健康的な低脂肪食は、アルツハイマー病を発症するリスクの低下と関連しています。

生涯学習と社会的関与

研究により、精神的および社会的に刺激的な活動への生涯にわたる関与とアルツハイマー病のリスクの低下との間に関連性があることがわかっています。教育レベルが低い場合や高校教育未満、知的好奇心の小ささなどもアルツハイマー病の危険因子のようです。

アルツハイマー病の合併症

アルツハイマー病によって引き起こされる記憶力と言語の喪失、判断力の低下、およびその他の認知の変化は、他の健康状態の治療を複雑にする可能性があります。

アルツハイマー病が最終段階に進むと、脳の変化が嚥下、バランス、腸と膀胱の制御などの身体機能に影響を及ぼし始めます。これらの影響により、次のような追加の健康問題に対する脆弱性が高まる可能性があります。

  1. 食べ物や液体を肺に吸い込む(吸引)
  2. 肺炎およびその他の感染症
  3. 転倒
  4. 骨折
  5. 床ずれ
  6. 栄養失調または脱水症

アルツハイマー病の予防

アルツハイマー病は予防可能な状態ではありません。ただし、アルツハイマー病の多くのライフスタイルの危険因子は変更することができます。アルツハイマー病のリスクを軽減する可能性のある心臓の健康的なライフスタイルの選択肢には、次のものがあります。

  1. 定期的な運動
  2. 新鮮な農産物、健康的な油、飽和脂肪の少ない食品の食事をとる
  3. 高血圧、糖尿病、高コレステロールを管理するための治療ガイドラインに従う
  4. 喫煙した場合は、医師に禁煙の助けを求めてください
  5. 研究によると、後年の思考スキルの維持とアルツハイマー病のリスクの低下は、社会的イベントへの参加、読書、ダンス、ボードゲーム、芸術の創造、楽器の演奏、および精神的および社会的関与を必要とするその他の活動に関連していることが示されています。

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!