本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康暮らしの総合ポータルサイトです。

病気の本当の原因はストレス

ストレスで免疫力が低下する原因には、自律神経の乱れが大きく関係しています。自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、この2つのバランスが保たれることで免疫機能は正常に働きます。

これらの神経は、白血球やリンパ球といった、体を病原体から守る免疫細胞の働きにかかわっているため、バランスが崩れることで免疫力が弱まる。

関連記事

私はガンで祖父、祖母、父親を亡くしました。それ以来、「人はなぜ病気になるのか?」「ガンを予防する方法はないか」を考えてきました。 マクロビオティックやアーユルヴェーダ、中医学、食養、予防医学などを研究してきて分かったことは、ガン予防[…]

三大医療(手術・抗ガン剤・放射線治療)で癌は治らない

放射線治療で、ガン細胞にピンポイント的に照射しても、全身で免疫抑制が起こる。
私たちの身体は一部でも破壊されると、その部分をすばやく修復しようとするために、身体全体が交感神経緊張になってその結果、免疫が強く抑制されるという反応が起こる。

ガンに対し恐怖を抱くということは、交感神経を緊張させることであり、それは免疫力を低めてしまうことにつながる。自分の恐怖心が病気を呼び、病気を重くしている。

関連記事

全昌院は、昭和14年(1939)に、福井県若狭の国から上京した先代により創建されたとっても曹洞宗の新しいお寺です。東京・豊島区の西武池袋線・東長崎駅から徒歩5分の場所にあります。毎月第二木曜日に精進料理教室を開催しています。精進料理を学ぶ[…]

がん治療の第一歩、そしてがん予防の第一歩は、がんへの恐怖心から脱却すること。

現代医療がガンの痛みをもたらしている。
ガンの苦しみはガンそのものがもたらしているのではない。

強い薬を使って免疫を抑えれば抑えるほど、薬が切れたときにでる反応、リバウンドも激しくつらいものになる。すさまじく強く免疫抑制を行い、交感神経を緊張させる。

今の医療は薬に頼りきっている。

強力な現代薬が病を重くした。
対症療法では慢性疾患は治らない。

食と呼吸こそ生命エネルギーの源
クーラーと冷蔵庫が病気を増やした。

いまの医学は「知識はあれど知恵は回らず」

関連記事

それでも、クスリを飲みますか 医者に近づかなきゃ、クスリに殺されない コンビ二より薬局のほうが多いニッポンクスリを飲むなら命がけと心得よ医者体副作用を、ちゃんと教えない血糖値をクスリで下げると急死、事故、膀胱が[…]

created by Rinker
¥649 (2022/12/04 18:54:53時点 楽天市場調べ-詳細)

交感神経緊張は万病のもと

正常なリズムで細胞の再生が行われていれば、ガン遺伝子は問題を起こさない。
ストレスがかかって、あまりにも頻繁に組織の再生を促す事態が起こると、この遺伝子に過剰負担がかかる。
再生されるときに細胞が破壊されると、そのときの活性酸素の衝撃で遺伝子異常を起こして、調整が狂う。これが発ガンのしくみです。

関連記事

日本人の約3人に1人ががんで亡くなっています。 これは、日本人の死因の中で最も多かったのはがん(悪性新生物)であるということです。    出典:厚生労働省ホームページ 主な死因の構成割合(2018年)   […]

リラックスしすぎても身体に悪い。
副交感神経はリラックスの神経ですが、活性化しすぎると不快な症状がでる。


副交感神経を刺激する物質は血管を開き、発赤を作り、痛みを伴い発熱させる。

→アセチルコリン・プロスタグランジン・ヒスタミン・セロトニン・セロトニン・ロイコトリエン


交感神経を刺激する物質は興奮を作り元気を出す。血管が閉じて、血圧が上がって、脈が早くなる。

→アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミン

両方ともほどほどに活性化させるのが一番良い状態。

関連記事

真面目で「いい人」ほど病気になりやす いいい加減で楽観的な人ほど長生きする 全部自分のせいにして、うちにこもっでしまうようなタイプの人が一番早死にする。 人のせいにしたり切り替えたりできるような楽観的でいい加減な人のほう[…]

免疫力が上がれば、ガンは退縮する

リンパ球の数を上げるような生活をしていれば、なかなかガンにはならない。

ガンを治す究極の5か条

・生活パターンを見直す
・ガンへの恐怖から逃れる
・免疫を抑制するような治療は受けない。受けている場合はやめる
・積極的に副交感神経を刺激する
・軽い体操、入浴、散歩、心の持ち方・笑い

手術自体、免疫を強く抑制
抗ガン剤は、細胞の分裂・再生を阻害する薬剤。放射線治療は、放射線自体発ガンを促すもの

ガンの温熱療法は、発熱した状態ではリンパ球が働きやすいため

転移はガンが治るサイン

リンパ球が上がって、転移が起こっていれば、身体が治癒力を発揮してガンをたたいている最中です。
転移は、ガンが悪化するというより、リンパ球により攻撃されて悲鳴を上げ、生き延びるためにちらばっている状態。

関連記事

スーパーフードは高栄養で低カロリーという理想食です。 「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義され、抗酸化作用が高いもの、老化や生活習慣病の予防によいもの、がんのリスクを遠ざけるものなどを指します。 […]

老人のガンこそゆっくり治す

リラックスする老人

老人の免疫は、古い免疫(自己の内部異常を監視しているリンパ球が多い状態)なので、ガンはなかなか大きくはなれない。
負担の大きい治療は避け、ガンの自然退縮をゆっくり促すような生活をするのがいちばん。

逆にリンパ球が多すぎる場合は、副交感神経過剰優位。
血管が開きすぎて血流が滞り、むくみを伴う。
リンパ球が多すぎてガンになる場合もあるが、少なすぎる場合よりも治療はしやすい。

清浄な環境への転地療法も効果的
ステロイド投与から他の病気をかかえこむ
腰痛・膝痛は、次第に筋肉の力が衰え弱ってきて、ふつうの日常的な動きで筋疲労を起こすようになるため。


筋疲労が続くと疲労物質がたまって、休んだときに痛みがでる。これが腰痛のはじまり。
→積極的に血流を増やす
→コルセットも運動を阻害して血流を抑制するので良くない。
→消炎鎮痛剤を常用していると、交感神経緊張状態が固定化された状態になる。胃があれる。
急性の痛み以外、消炎鎮痛剤は使わない。

女性はストレスや寒冷刺激に敏感です。
ストレスや冷えがあると、血管は収縮して血流障害が起こります。

白血球
・マクロファージ(アメーバのように異物が進入すると飲み込むようにして異物をとらえる)
・顆粒球(大きな異物を飲み込んで処理する)
・リンパ球(接着分子で小さな異物を処理)

関連記事

健康上の利点で広く評価されているいわゆるダイエットがあるとすれば、それは地中海式ダイエットです。実際、US News&World Reportは、減量、心臓と脳の健康、癌の予防、糖尿病の予防と管理など、多くの健康上のメリットを挙げて、20[…]

楽をしすぎても病気になる

心の持ち方が体調をつくる
食べることの大切さ(食説活は副交感神経へのスイッチ)
何かを食べて消化管を動かすということが、いちばんてっとり早く副交感神経を活性化する方法です。

意識と無意識の両方をつなぐ呼吸が重要(深呼吸のもたらす健康効果)
筋肉の衰えは身体の衰え、歩く運動に重点を置く。

身体は冷やしてはいけない。
冷たすぎる飲食物は控える。
身体が冷えているということは、交感神経緊張状態

自律神経失調が病をつくる
年をとっても健康な人は、古いリンパ球が活躍して、免疫をしっかり行っている。

最新情報をチェックしよう!