本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

クスリに殺されない47の心得 体のチカラがよみがえる近藤流「断薬」のススメ/近藤誠

それでも、クスリを飲みますか

医者に近づかなきゃ、クスリに殺されない

コンビ二より薬局のほうが多いニッポン
クスリを飲むなら命がけと心得よ
医者体副作用を、ちゃんと教えない
血糖値をクスリで下げると急死、事故、膀胱がんか増える
クスリの効果はウソ八百
アトピー、ぜんそくに使われる「ステロイド」は麻薬である
データか語る、クスリは無力
延命効果のないクスリで苦しむなんて、踏んだり蹴ったり
抗がん剤をあれこれ打っても苦しむたけ

関連記事

糖尿病の概要 糖尿病とは、体が血糖値(ブドウ糖)をどのように使用するかに影響を与える病気のグループを指します。ブドウ糖は、筋肉や組織を構成する細胞にとって重要なエネルギー源であるため、健康に不可欠です。それはあなたの脳の主要な燃料源[…]

関連記事

癌の概要 癌とは、制御不能に分裂し、正常な体組織に浸潤して破壊する能力を持つ異常な細胞の発生を特徴とする多数の疾患のいずれかを指します。がんはしばしばあなたの体全体に広がる能力を持っています。 癌は世界で2番目に多い死因です。[…]

医者は、患者が死ぬまでクスリを飲ませる

クスリは「こうして」減らしなさい
70歳超えたら血圧180以上が長生き。高コレステロールもクスリ無用
熱か出てもクスリを飲まない。これかクスリ離れの第一歩

クスリは石油でできている。体は、外から入ってくる「異物」にとても敏感です。
早起き療法で「頭痛薬」を断つ
朝ヨーグルトで「便秘薬」を断つ
ハチミツ&水あめでのどの痛みを治す
肌か荒れたら洗剤、入浴剤、クリームをやめる
界面活性剤を断つ

関連記事

美しく輝く肌は、私たちの食べ方から始まりますが、これらのアンチエイジング食品はそれ以上の効果もあります。 抗酸化物質、健康的な脂肪、水、必須栄養素を含んだ活気のある食品は、私たちの体のアンチエイジングをサポートしてくれます。そしてそ[…]

関連記事

スーパーフードは高栄養で低カロリーという理想食です。 「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義され、抗酸化作用が高いもの、老化や生活習慣病の予防によいもの、がんのリスクを遠ざけるものなどを指します。 […]

医者の「この言葉」にご用心

「早期発見、早期治療」無料健診は不幸の始まり
男と女の寿命ギャップ。
日本の男たちの多くは、健診で命を締めているのではないか。
「効果か期待されている」クスリは、キケンな人体実験
「余命3か月」なんてありえない。余命診断たけで3か月かかる
「免疫カアップでかん子防」は大ウソ。「細胞カ」をきたえなさい
がんに対抗するには、「細胞力」「抵抗力」です。測胞膜が弱いと、細胞と細胞の間にがんが入りこんで、どんどん広がっていきます。日頃からタンパク質と脂質をしっかり摂り、細胞自体を丈夫にすること。それをバーフェクトに摂れるのか肉、牛乳、卵、魚などの動物性食品です。

関連記事

私はガンで祖父、祖母、父親を亡くしました。それ以来、「人はなぜ病気になるのか?」「ガンを予防する方法はないか」を考えてきました。 マクロビオティックやアーユルヴェーダ、中医学、食養、予防医学などを研究してきて分かったことは、ガン予防[…]

コレステロールはがん、心臓病、感染症を遠ざける

「効きますよ」に飛びつくな。クスリを飲むょり体を信じろ

なぜ、医者はみんな「同じこと」を言うのか
ガイドラインからはずれた治療は健康保険がきかなかったり、なにか問題が起きたとき医者個人の責任が問われかねません。だからみんなガイドライン厳守。

関連記事

脂質異常症の概要 コレステロールはあなたの血中にあるワックス状の物質です。あなたの体は健康な細胞を作るためにコレステロールを必要としますが、高レベルのコレステロールは心臓病のリスクを高める可能性があります。 高[…]

関連記事

コレステロールはあなたの血液に含まれる脂肪性物質です。善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)として知られている2つの主要なタイプがあります。 「悪玉コレステロール」のレベルを下げるには、5つの食品グループからさま[…]

こわいのは「がん」ではなく「がん治療」

抗かん剤を「受けて」後悔する人は多い。「受けなくて」後悔する人はいない
痛くがまんできないときは、「アセトアミノフェン」を飲む

アセトアミノフェンは、コロナワクチン接種後の発熱時の解熱鎮痛剤にも使われている一般薬です。

関連記事

病気になるには何かの原因があります。しかし、普段の生活をしている中ではなかなか気付きません。ただの身体の不調かもしれないし、重大な病気の前兆かもしれません。 そこで、まずは自分の身体の状態を知ることが大切です。人間ドックなどではあま[…]

Panadol 500mg(解熱鎮痛剤)1箱24錠

パナドール(Panadol)は、解熱鎮痛剤です。有効成分としてパラセタモール(アセトアミノフェン)を含有しています。日本国内で処方されているカロナールや、市販薬のタイレノールAと同一有効成分です。

パナドール(Panadol)は、解熱・鎮痛の作用により辛い症状に効果を発揮します。

パナドール(Panadol)の有効成分であるパラセタモール(アセトアミノフェン)は、中枢神経に働きかけて解熱鎮痛作用を示します。脳の体温を調節する部位に働いて皮膚血管を拡げ、過剰な熱を体外に発散させます。また、痛覚の閾値を高める作用により、痛みを鎮めます。

◆効果

下記の疾患並びに症状の鎮痛
頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症

下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

◆用法

頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症の鎮痛
通常、成人にはパラセタモール(アセトアミノフェン)として、1回300~1000mg(0.6~2錠)を経口投与し、投与間隔は4~6時間以上とする。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mg(8錠)を限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛
通常、成人にはパラセタモール(アセトアミノフェン)として、1回300~500mg(0.6~1錠)を頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1500mg(3錠)を限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

個数 価格
1箱 1,260円 ($11.30)
関連記事

大腸には、「善玉菌」「悪玉菌」とそれらの優勢な方に変化する「日和見菌」が棲息しており、これらの黄金バランスは「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」と言われています。 大腸はビタミンなどの栄養素を生成したり、病原菌が棲みつくことを阻害した[…]

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!