本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

脂質異常症の概要

コレステロールはあなたの血中にあるワックス状の物質です。あなたの体は健康な細胞を作るためにコレステロールを必要としますが、高レベルのコレステロールは心臓病のリスクを高める可能性があります。

高コレステロール血症では、血管に脂肪沈着物が発生する可能性があります。最終的に、これらの沈着物は成長し、十分な血液が動脈を流れるのを困難にします。時には、これらの沈着物が突然壊れて血餅を形成し、心臓発作や脳卒中を引き起こすことがあります。

高コレステロールは遺伝する可能性がありますが、それはしばしば不健康なライフスタイルの選択の結果であり、予防と治療が可能になります。健康的な食事、定期的な運動、そして時には投薬は、高コレステロールを減らすのに役立ちます。

関連記事

糖尿病の概要 糖尿病とは、体が血糖値(ブドウ糖)をどのように使用するかに影響を与える病気のグループを指します。ブドウ糖は、筋肉や組織を構成する細胞にとって重要なエネルギー源であるため、健康に不可欠です。それはあなたの脳の主要な燃料源[…]

脂質異常症の症状

高コレステロールには症状がありません。血液検査はあなたがそれを持っているかどうかを検出する唯一の方法です。

いつ医者に診てもらうか


米国国立心肺血液研究所(NHLBI)によると、人の最初のコレステロールスクリーニングは9歳から11歳の間に行われ、その後5年ごとに繰り返される必要があります。

NHLBIは、45〜65歳の男性と55〜65歳の女性に対してコレステロールスクリーニングを1〜2年ごとに行うことを推奨しています。65歳以上の人は毎年コレステロール検査を受ける必要があります。

テスト結果が望ましい範囲内にない場合、医師はより頻繁な測定を推奨する場合があります。高コレステロール血症、心臓病、または糖尿病や高血圧などの他の危険因子の家族歴がある場合は、医師がより頻繁な検査を提案することもあります。

関連記事

健康上の利点で広く評価されているいわゆるダイエットがあるとすれば、それは地中海式ダイエットです。実際、US News&World Reportは、減量、心臓と脳の健康、癌の予防、糖尿病の予防と管理など、多くの健康上のメリットを挙げて、20[…]

脂質異常症の判断基準

血液検査により血中の脂質を測定して、総コレステロール、LDK、HDLの量により判断します。

総コレステロールの基準

総コレステロール 結果
139 mg/dL以下 やや低い
140~199 mg/dL 基準範囲
200~259 mg/dL  やや高い
260mg/dL 以上 異常

LDLの基準

LDL 結果
59mg/dL以下 やや低い
60~119mg/dL 基準範囲
120~179mg/dL やや高い
180mg/dL以上 異常

HDLの基準

HDL 結果
34mg/dL 以下 異常
35~39mg/dL  やや低い
40mg/dL 以上 基準範囲

脂質異常症の原因

コレステロールはあなたの血液を通して運ばれ、タンパク質に付​​着します。タンパク質とコレステロールのこの組み合わせは、リポタンパク質と呼ばれます。リポタンパク質が運ぶものに基づいて、コレステロールにはさまざまな種類があります。

  • 低密度リポタンパク質(LDL)。 「悪玉」コレステロールであるLDLは、コレステロール粒子を体全体に輸送します。 LDLコレステロールは動脈壁に蓄積し、動脈を硬く狭くします。
  • 高密度リポタンパク質(HDL)。 「善玉」コレステロールであるHDLは、過剰なコレステロールを吸収して肝臓に戻します。

脂質プロファイルは、通常、血中の脂肪の一種であるトリグリセリドも測定します。トリグリセリドレベルが高いと、心臓病のリスクも高まる可能性があります。

不活動、肥満、不健康な食事など、制御できる要因は、有害なコレステロールとトリグリセリドのレベルに寄与します。あなたのコントロールを超えた要因も役割を果たすかもしれません。たとえば、遺伝子の構成により、体が血液からLDLコレステロールを除去したり、肝臓で分解したりすることがより困難になる場合があります。

不健康なコレステロール値を引き起こす可能性のある病状には、次のものがあります。

慢性腎臓病
糖尿病
HIV / AIDS
甲状腺機能低下症
ループス

コレステロール値は、次のような他の健康上の問題のために服用している可能性のあるいくつかの種類の薬によって悪化する可能性もあります。

にきび

高血圧
HIV / AIDS
不整脈
臓器移植

関連記事

癌の概要 癌とは、制御不能に分裂し、正常な体組織に浸潤して破壊する能力を持つ異常な細胞の発生を特徴とする多数の疾患のいずれかを指します。がんはしばしばあなたの体全体に広がる能力を持っています。 癌は世界で2番目に多い死因です。[…]

脂質異常症の危険因子

不健康なコレステロール値のリスクを高める可能性のある要因は次のとおりです。

  1. 貧しい食生活。飽和脂肪やトランス脂肪を食べすぎると、コレステロール値が不健康になる可能性があります。飽和脂肪は、肉の脂肪カットや全脂肪乳製品に含まれています。トランス脂肪は、パッケージ化されたスナックやデザートによく見られます。
  2. 肥満。ボディマス指数(BMI)が30以上の場合、高コレステロール血症のリスクがあります。
  3. 運動不足。運動はあなたの体のHDL、「善玉」コレステロールを高めるのに役立ちます。
  4. 喫煙。喫煙は、「善玉」コレステロールであるHDLのレベルを下げる可能性があります。
  5. アルコール。アルコールを飲みすぎると、総コレステロール値が上昇する可能性があります。
  6. 年齢。幼い子供でさえ不健康なコレステロールを持っている可能性がありますが、それは40歳以上の人々にはるかに一般的です。あなたが年をとるにつれて、あなたの肝臓はLDLコレステロールを取り除くことができなくなります。

関連記事

加工肉の危険性 加工肉はなぜ危険なのですか? 加工肉は、燻製、硬化、塩漬け、缶詰、乾燥、または保存されます。コールドカット、ホットドッグ、ベーコン、ソーセージ、サラミ、ビーフジャーキー、ハム、コンビーフ、その他の加工肉は、さま[…]

脂質異常症の合併症

アテローム性動脈硬化症の発症
高コレステロールは、動脈壁にコレステロールやその他の沈着物が危険に蓄積する原因となる可能性があります(アテローム性動脈硬化症)。これらの沈着物(プラーク)は、動脈を通る血流を減少させる可能性があり、次のような合併症を引き起こす可能性があります。

  • 胸痛。心臓に血液を供給する動脈(冠状動脈)が影響を受けると、胸の痛み(狭心症)やその他の冠状動脈疾患の症状が現れる可能性があります。
  • 心臓発作。プラークが裂けたり破裂したりすると、プラーク破裂部位に血栓が形成される可能性があります—血流を遮断したり、自由に壊れて下流の動脈を塞いだりします。心臓の一部への血流が止まると、心臓発作を起こします。
  • 脳卒中。心臓発作と同様に、血栓が脳の一部への血流を遮断すると脳卒中が発生します。
関連記事

低グリセミック(低GI)ダイエットは、グリセミック指数(GI)の概念に基づいています。 研究によると、低GI食は体重減少をもたらし、血糖値を下げ、心臓病や2型糖尿病のリスクを低下させる可能性があります。 しかし、食品のランク付[…]

脂質異常症の予防

あなたのコレステロールを下げることができる同じ心臓の健康的なライフスタイルの変化は、あなたがそもそも高コレステロールになるのを防ぐのを助けることができます。高コレステロールを防ぐために、次のことができます。

  1. 果物、野菜、全粒穀物を強調した減塩食を食べる
  2. 動物性脂肪の量を制限し、適度に良い脂肪を使用する
  3. 余分な体重を減らし、健康的な体重を維持する
  4. 喫煙をやめる
  5. 週のほとんどの曜日に少なくとも30分間運動する
  6. アルコールは完全に避けるか、適度にアルコールを飲む
  7. ストレス管理

関連記事

美しく輝く肌は、私たちの食べ方から始まりますが、これらのアンチエイジング食品はそれ以上の効果もあります。 抗酸化物質、健康的な脂肪、水、必須栄養素を含んだ活気のある食品は、私たちの体のアンチエイジングをサポートしてくれます。そしてそ[…]

脂質異常症の治療

健康的な食事をすることや食べることなどのライフスタイルの変化は、高コレステロールに対する最初の防衛線です。しかし、あなたがこれらの重要なライフスタイルの変更を行い、コレステロール値が高いままである場合、あなたの医者は薬を勧めるかもしれません。

薬の選択または薬の組み合わせは、あなたの個人的な危険因子、あなたの年齢、あなたの健康および起こり得る薬の副作用を含む様々な要因に依存します。一般的な選択肢は次のとおりです。

  1. スタチン。スタチンは、肝臓がコレステロールを作るのに必要な物質をブロックします。これにより、肝臓は血液からコレステロールを取り除きます。選択肢には、アトルバスタチン(Lipitor)、フルバスタチン(Lescol)、ロバスタチン(Altoprev)、ピタバスタチン(Livalo)、プラバスタチン(Pravachol)、ロスバスタチン(Crestor)、シンバスタチン(Zocor)が含まれます。
  2. コレステロール吸収阻害剤。小腸は食事からコレステロールを吸収し、血流に放出します。薬エゼチミブ(ゼチア)は、食事中のコレステロールの吸収を制限することにより、血中コレステロールを減らすのに役立ちます。エゼチミブはスタチン系薬剤と併用できます。
  3. ベンペド酸。この新しい薬はスタチンとほとんど同じように機能しますが、筋肉痛を引き起こす可能性は低くなります。スタチンの最大投与量にベンペド酸(ネクスレトール)を加えると、LDLを大幅に下げることができます。ベンペド酸とエゼチミブ(ネクスリゼット)の両方を含むコンビネーションピルもご利用いただけます。
  4. 胆汁酸結合樹脂。あなたの肝臓はコレステロールを使って、消化に必要な物質である胆汁酸を作ります。コレスチラミン(Prevalite)、コレセベラム(Welchol)、コレスチポール(Colestid)は、胆汁酸に結合することで間接的にコレステロールを低下させます。これにより、肝臓は過剰なコレステロールを使用して胆汁酸を増やし、血中のコレステロール値を下げます。
  5. PCSK9阻害剤。これらの薬は、肝臓がより多くのLDLコレステロールを吸収するのを助け、血中を循環するコレステロールの量を減らします。アリロクマブ(Praluent)およびエボロクマブ(Repatha)は、非常に高レベルのLDLを引き起こす遺伝的状態のある人、またはスタチンや他のコレステロール薬に不耐性のある冠状動脈疾患の病歴のある人に使用できます。それらは数週間ごとに皮下注射され、高価です。

高トリグリセリドの薬

  1. フィブラート。フェノフィブラート(Tricor、Fenoglideなど)とゲムフィブロジル(Lopid)の薬は、肝臓での超低密度リポタンパク質(VLDL)コレステロールの生成を減らし、血液からのトリグリセリドの除去を速めます。 VLDLコレステロールは主にトリグリセリドを含んでいます。スタチンと一緒にフィブラートを使用すると、スタチンの副作用のリスクが高まる可能性があります。
  2. ナイアシン。ナイアシンは、LDLおよびVLDLコレステロールを生成する肝臓の能力を制限します。しかし、ナイアシンはスタチンに勝る追加の利点を提供しません。ナイアシンは肝臓の損傷や脳卒中にも関連しているため、ほとんどの医師は現在、スタチンを服用できない人にのみナイアシンを推奨しています。
  3. オメガ3脂肪酸サプリメント。オメガ3脂肪酸サプリメントはあなたのトリグリセリドを下げるのを助けることができます。それらは処方箋または店頭で入手できます。市販のサプリメントを服用することを選択した場合は、医師の許可を得てください。オメガ3脂肪酸サプリメントは、あなたが服用している他の薬に影響を与える可能性があります。

【PR】脂質異常症の無料検査はインクロムへ

インクロムでは、治験にご協力頂けるボランティアパネル構築を目的として、無料検診キャンペーンを開催中。 通常4000円程度の費用がかかる人間ドックレベルの約50項目の臨床検査項目が無料で受けられます。

糖尿病、脂質異常症、高血圧症、高尿酸血症、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、スギ花粉症などの症状がある方が対象となり、治験にご協力頂くと参加頂いた期間に応じた謝礼が受け取れます。

関連記事

ローフードダイエットは1800年代から存在していましたが、近年人気が急上昇しています。 その支持者は、主に生の食品を摂取することは人間の健康にとって理想的であり、減量や全体的な健康の改善など、多くの利点があると信じています。 […]

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!

病気への対応の最新記事8件