本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

デジタルデトックスとは、スマートフォン、テレビ、コンピューター、タブレット、ソーシャルメディアサイトなどのテクノロジーデバイスの使用を控える期間を指します。デジタルデバイスからの「デトックス」すすは、気を散らすことなく実際の社会的相互作用に焦点を当てる方法と見なされることがよくあります。デジタルデバイスを放棄することにより、少なくとも一時的に、人々は絶え間ない接続から生じるストレスを手放すことができます。

202年7月には、スマホに夢中になって電車にはねられて死亡するいう事故も起きています。重度のデジタル中毒者は早急にデジタルデトックスを行うべきでしょう。

Yahoo!ニュース

先週、東京・板橋区の東武練馬駅の脇の踏切で、帰宅途中の31歳の女性が電車にはねられ、死亡する事故がありました。当時、女性…

デジタルデトックスが自分に適しているかどうかを判断する前に、デジタルデトックスを行うための潜在的な利点と方法を確認してください。

デジタルデトックスを行う理由

多くの人にとって、デジタルの世界に接続して没頭することは、日常生活の一部にすぎません。 Nielsen Companyの調査によると、米国の平均的な成人は、メ​​ディアを聞いたり、見たり、読んだり、やり取りしたりするのに1日約11時間を費やしています。

携帯電話やその他のデバイスを少しの間離れたいと思う理由はたくさんあります。携帯電話や他のデバイスなしに、自分自身の時間を楽しみたいと思うかもしれません。また、デバイスの使用が過剰になり、生活にストレスがかかりすぎているように感じる場合もあります。

状況によっては、デバイスに夢中になっているように感じることもあります。テクノロジー依存症はDSM-5の障害として正式に認識されていませんが、多くの専門家は、テクノロジーとデバイスの乱用は、身体的、心理的、社会的問題につながる可能性のある非常に現実的な行動依存症であると考えています。

Common Sense Mediaという組織が実施した世論調査では、10代の若者の50%が、モバイルデバイスに夢中になっていると感じていると報告しました。 10代の回答者のなんと78%が、デジタルデバイスを1時間ごとにチェックしていると答えています。

テクノロジーはストレスになる可能性があります

人々はテクノロジーデバイスなしでは人生を想像できないと感じることがよくありますが、調査では、テクノロジーの使用もストレスの一因となる可能性があることがわかっています。

アメリカ心理学会の年次ストレスインアメリカ調査では、米国の成人の5分の1(約18%)が、テクノロジーの使用を人生の重要なストレス源として挙げています。多くの人はデジタル中毒となり、電子メール、チャット、およびソーシャルメディアをチェックし続けてしまいます。

スウェーデンの研究者が実施したある研究によると、若年成人のテクノロジーの多用は、睡眠の問題、抑うつ症状、ストレスレベルの上昇に関連していることがわかりました。

デジタルデバイスは睡眠を妨げる可能性があります

特に就寝前に大量のデバイスを使用すると、睡眠の質と量を妨げる可能性があります。ある研究によると、就寝時にデジタル機器を使用する子供は、著しく悪化し、睡眠が少なくなりました。この研究では、夜間のテクノロジーの使用とボディマス指数の増加との関連も発見されました。

研究者はまた、ベッド内での電子ソーシャルメディアの使用が睡眠と気分に悪影響を与えることを発見しました。調査によると、参加者の70%が就寝中に携帯電話でソーシャルメディアをチェックし、15%が就寝中にソーシャルメディアに1時間以上費やしました。その結果、夜寝ているときにソーシャルメディアを使用すると、不安、不眠症、睡眠時間の短縮の可能性が高まることがわかりました。

関連記事

不眠症の概要 不眠症は一般的な睡眠障害であり、眠りに落ちたり、眠り続けることが困難になったり、覚醒が早すぎて眠りに戻ることができなくなる可能性があります。目を覚ますと、まだ疲れているかもしれません。不眠症は、あなたのエネルギーレベル[…]

デバイスの大量使用はメンタルヘルス悪化に関連している可能性があります

ジャーナルChildDevelopmentに掲載された研究によると、毎日のテクノロジーの大量使用は、青年期の精神的健康問題のリスクの増加と関連していることがわかりました。デジタルテクノロジーの使用により多くの時間が費やされることは、ADHDの症状の増加と行動障害、および自己調節の悪化に関連していました。

ADHD(注意欠如・多動症)は、「不注意」と「多動・衝動性」を主な特徴とする発達障害の概念のひとつです。ADHDを持つ小児は家庭・学校生活で様々な困難をきたすため、環境や行動への介入や薬物療法が試みられています。ADHDの治療は、人格形成の途上にある子どものこころの発達を支援する上でとても重要です。

e-ヘルスネット

ペンシルベニア大学の研究者は最近、Facebook、Snapchat、Instagramなどのソーシャルメディアサイトの使用を幸福の低下に結び付ける最初の実験的研究を発表しました。その結果、ソーシャルメディアの使用を制限すると、うつ病や孤独の症状が軽減されることが明らかになりました。

関連記事

アーユルヴェーダには、Rasayana(不老不死学・若返り術)という分野があります。そのRasayanaでは、メンタルヘルスをとても重要なものだと位置付けています。 Rasayanaにおけるメンタルヘルスケア 心とメンタルヘル[…]

一定の接続性は仕事と生活のバランスに影響を与えます

常につながっているという感覚は、あなたの家庭生活と仕事生活の間に境界を作ることを難しくする可能性があります。自宅や休暇中であっても、メールをチェックしたり、同僚からのテキストに返信したり、ソーシャルメディアアカウントにチェックインしたりする誘惑に抵抗するのは難しいかもしれません。

ある研究では、インターネットとモバイルテクノロジーの使用が、全体的な仕事の満足度、仕事のストレス、過労感に影響を与えることを示唆しています。デジタルデトックスを行うことで、より健康的でストレスの少ないワークライフバランスを確立するのに役立つ場合があります。

関連記事

他の人が幸せな生活を送っているように見えるときに、うらやましく感じたことはありますか?このように感じているのはあなただけではありませんが、幸福には最適な仕事が必要であり、人生を最大限に生きる方法を学ぶには献身と実践が必要です。 人前[…]

社会的比較は満足するのを難しくします

ソーシャルメディアに時間を費やすと、自分の人生を友達、家族、見知らぬ人、有名人と比較していることに気付くでしょう。 InstagramやFacebookの投稿に表示される小さな厳選された一瞥に基づいて、他のすべての人がより充実した、より豊かな、またはよりエキサイティングな生活を送っているように思われるかもしれません。相手を妬んだり、羨んだりするきっかけとなり得ます。

ことわざにあるように、比較は本当に喜びの泥棒になる可能性があります。社会的なつながりから解毒することは、自分を他人と比較することなく、自分の人生で重要なことに集中するための良い方法です。

デジタル接続により、見逃しているように感じることがあります

FOMOとして知られている、見逃しの恐れは、他の誰もが経験している経験を見逃しているという恐れです。絶え間ない接続は、この恐れを増幅します。厳選された画像を見たり、他人の人生について投稿したりするたびに、自分の人生が他人よりも刺激的ではないように感じることがあります。取り残されることを恐れて、社交イベントに過剰に参加していることに気付くかもしれません。

FOMO(フォーモ)」とは、インターネットやSNS上で他人や情報と常につながっていないと、自分だけ取り残されてしまうのではないか、と不安を覚える症状のこと。現代のSNS病と言われている。

デジタルデトックスを行うことは、制限を設定し、見逃す恐れを減らす1つの方法です。重要なのは、デジタルの世界で起こっていることから切り離されたと感じさせない方法でそれを行うことです。

関連記事

「ポルノ依存症」とは何ですか? ポルノは常に私たちと共にあり、常に物議を醸しています。興味がない人もいれば、ひどく腹を立てている人もいます。ある人は時々ポルノにアクセスし、またある人は定期的にポルノにアクセスします。それはすべて、個[…]

あなたがデジタルデトックスを必要とするかもしれない兆候

  1. 携帯電話が見つからない場合は、不安やストレスを感じます
  2. あなたは数分ごとにあなたの電話をチェックすることを強いられていると感じます
  3. ソーシャルメディアに時間を費やした後、落ち込んだり、不安になったり、怒ったりします。
  4. あなたはあなたのソーシャル投稿のいいね、コメント、または再共有のカウントに夢中になっています
  5. デバイスをチェックし続けないと、何かを見逃してしまうのではないかと心配しています。
  6. 携帯電話で遊ぶために、夜更かししたり、早起きしたりすることがよくあります。
  7. あなたはあなたの電話をチェックする必要なしに一つのことに集中するのに苦労しています
関連記事

デトックスするためのいくつかの簡単で自然な方法は何かありますか? デトックス食品を摂るのが一番手軽にデトックスを行えます。ここにあなたの身体からそれらの毒素を追い出すのを助ける10のデトックス食品があります。 デトックス食品1[…]

デジタルデトックスを行う方法

真のデジタルデトックスには、すべてのデジタルデバイスとソーシャルメディア接続からの事前定義された禁欲が含まれると示唆する人もいるかもしれませんが、デバイスの使用を自分の生活と要求に合わせて機能させることが重要です。

デバイスから切り離すことは精神的な健康に役立つ可能性がありますが、デジタルデトックスを行うには、電話やその他の技術接続から完全に切り離す必要はありません。多くの場合、このプロセスは、境界を設定し、感情的および肉体的な健康を害するのではなく、利益をもたらす方法でデバイスを使用していることを確認することに関するものです。

現実的になる

完全なデジタルデトックスを一定時間行うことができれば、それはデジタルデトックスの第一歩です。完全に切断されていると、一部の人にとっては解放的でさわやかな気分になります。多くの人にとって、特に仕事、学校、またはその他の義務のために接続を維持することに本当に依存している場合は、すべての形式のデジタル通信を完全に放棄することは不可能かもしれません。

これは、デジタルデトックスのメリットを享受できないという意味ではありません。重要なのは、あなたのスケジュールとあなたの人生に役立つ何かを切り離すことです。

仕事のために日中にデバイスが必要な場合は、仕事の終わりにミニデトックスを試してみてください。デバイスの電源を切りたい時間を選び、ソーシャルメディア、テキストメッセージ、オンラインビデオ、その他の電子的な気晴らしのようなものから完全に解放された夜を過ごすことに集中します。

制限を設定する

完全に切断することが常に可能である人は少ないですが、これらのデジタル接続のタイミングに制限を設定することは、精神的な健康に良い場合があります。

たとえば、ワークアウト中は機内モードに設定すると、電話、テキスト、その他のメッセージ、またはアプリに気を取られないようになります。

参加する接続の種類とタイミングに境界を設定すると、デジタルの流用がまったくない実際のアクティビティを確実に楽しむことができます。デジタルデバイスの使用を制限したい場合は、次のシーンに境界を設けると良いでしょう。

  • 食事をしているとき、特に他の人と食事をしているとき
  • 起きているときや寝るとき
  • プロジェクトや趣味に取り組んでいるとき
  • 友達や家族と過ごすとき
  • 毎晩寝る前に

調査によると、ソーシャルメディアの使用を1日あたり約30分に制限すると、幸福が大幅に改善され、孤独やうつ病の症状が軽減されることが示唆されています。

寝る直前にモバイルデバイスの使用を制限することも役立つ場合があります。研究のあるレビューでは、メディアデバイスの使用は、睡眠の質の低下、睡眠不足、日中の過度の眠気に関連していることがわかりました。寝る前に、ベッドに横になって携帯電話で遊んでいるのを止め、代わりに本や雑誌を数分間読んでみてください。

気を散らすものを取り除く

デジタルデトックスを開始するもう1つの方法は、電話のプッシュ通知をオフにすることです。 Facebook、Instagram、Twitter、Pinterest、ニュースWebサイトなど、多くのソーシャルメディアアプリは、メッセージ、メンション、または新しい投稿を受け取るたびにアラートを送信します。

アラート通知を受け取るたびに、新しい記事や投稿、特定のアプリやウェブサイトをチェックするのではなく、メッセージやメンションをチェックする特定の時間を毎日取っておきます。次に、応答のキャッチアップと送信に専念するために、一定の時間(約20分または30分)を確保します。

少なくとも少しの間、スマートフォンを置き忘れると便利な場合があります。調査によると、モバイルデバイスを積極的に使用していなくても、モバイルデバイスが存在するだけで、他の人とやり取りするときの共感レベルが低下し、会話の質が低下することがわかっています。この現象を研究者は「iPhone効果」と呼んでいます。

そのため、次に友人のグループと夕食をとるときは、携帯電話を家に置いたままにしてみてください。

デジタルデトックスはあなたが望むものなら何でもよく、多くの形をとることができます。テレビ、携帯電話、ソーシャルメディアなど、すべてのデジタルデバイスを一時的に放棄してみることをお勧めします。

関連記事

この記事は今日教えられているさまざまなスタイルのヨガのビギナーズガイドです。好きなクラスへの道を見つけるのに役立つでしょう。より肉体的に厳しいクラスでも、簡単でリラックスできる瞑想的なクラスでも、さまざまな種類のヨガがあります。 そ[…]

あなたが試すことを検討するかもしれないいくつかのアイデア

  1. デジタル断食:すべてのデジタルデバイスを1日または最大1週間などの短期間あきらめてみてください
  2. デジタル禁欲曜日:デバイスフリーにするために曜日を選択してください
  3. 特定のデトックス:1つのアプリ、サイト、ゲーム、またはデジタルツールが時間がかかりすぎる場合は、問題のあるアイテムの使用を制限することに集中してください。
  4. ソーシャルメディアのデトックス:特定の期間、ソーシャルメディアの使用を制限または完全に排除することに焦点を当てます

デジタルデバイスから離れて瞑想してみましょう。

関連記事

瞑想の利点は広範であり、科学に裏打ちされています。瞑想のメンタルヘルスの利点には、集中力と集中力の向上、自己認識と自尊心の向上、ストレスと不安のレベルの低下、優しさの促進などがあります。瞑想は、痛みに対する耐性を高め、薬物中毒と戦うのに役[…]

関連記事

最も一般的な瞑想の5つのタイプは、マインドフルネス、ボディスキャン、ウォーキング、愛情、超越瞑想です。瞑想の種類によってメリットは異なりますが、不安の軽減、自制心の向上、セルフケアの改善、痛みの軽減などのメリットもあります。初心者の場合は[…]

デジタルデトックスのヒント

一部の人々は、デバイスをあきらめるのはかなり簡単だと感じています。しかし他の人はそれがはるかに難しく、時には不安を誘発することさえあると感じるでしょう。

デジタルデトックスをより成功させるためにできることがいくつかあります。

  • あなたがデジタルデトックスをしていることを友達や家族に知らせ、彼らの助けとサポートを求めましょう
  • デジタルデバイスから気を散らして他の活動に注意を置いておく方法を見つける
  • 誘惑を減らし、簡単にアクセスできるように、携帯電話からソーシャルメディアアプリを削除する
  • 家から出てみてください。デバイスを使いたくなったら、友達と夕食に行くか、散歩に出かけましょう
  • あなたの進歩を追跡し、経験についてのあなたの考えを書き留めるために日記をつけてください

まとめ

デバイスを使わないようにすることは、不快でストレスを感じることがあります。携帯電話やその他の技術ツールがないと、イライラしたり、不安になったり、退屈したりするかもしれません。難しいかもしれませんが、デバイスとの関係をよりよく理解し、他の活動や経験にもっと注力することで、デジタル中毒から解放され、素晴らしい経験を得られる可能性があります。

アーシングセラピーは体内に蓄積されたデジタル老廃物を排出する効果があります。

関連記事

アーシングセラピーは、直接大地と接続することで体内のフリーラジカルを中和します。 これは惑星のエネルギーへの接続が私たちの魂と体にとって健康であるという直感的な仮定に基づいています。 私たちが靴を脱いでそれらにアクセスするだけ[…]

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!