本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

スッポンを食べることの健康上の利点

スッポンの概要

スッポンは私たちが日本でよく食べる唯一のカメです。
動物の危険で強い性質のために、それは私たちにエネルギー、特に活力を与えると信じられています。生きているうちに首を切り、血液を一杯に集めて酒と混ぜます。中年男性の中には健康のために血酒を飲む人もいます。
肝臓は時々生で食べられます。頭から尻尾まで体を細かく切り、鍋に野菜を入れて茹でます。肉は柔らかな食感で、鶏肉のような素朴な味わいです。

スッポンの肌は厚く、柔らかく、コラーゲンがたっぷり含まれているため、肌がよりしなやかに輝きます。そのため、多くの女性がそれを食べるのが大好きです。

スッポンは田んぼによく住んでいるので日本人にはなじみがあります。
スッポンを使った表現はたくさんあります。
「ツキ(月)からサッポン」とは、「チョークやチーズと同じくらい違う」という意味です。「彼はスッポンのようだ」とは「彼は厄介な人だ」という意味です。スッポンは一度噛んだら決して手放さないと考えられているからです。

スッポンの栄養

伝統的なタンパク質源には、鶏肉、豚肉、牛肉、魚が含まれます。
より冒険的な料理人の中には、買い物リストに子牛肉、鹿肉、ダチョウ、子羊などがあります。アジアの文化には何世紀にもわたって他の肉が含まれてきました。あなたが爬虫類の肉を試してみる気があるなら、カメにはいくつかの驚くべき健康上の利点があります。

カロリー、脂肪、コレステロール

調理されたスッポンの肉のカップは約220カロリー、脂肪9 gで、そのうち2gが飽和しています。それに比べて、1カップの調理済みのさいの目に切ったビーフステーキは340カロリー、脂肪20 gで、そのうち8gが飽和しています。
牛肉は1カップあたり37gのタンパク質を含みますが、カメの肉は1カップあたり33 gですが、牛肉のコレステロール値は合計111 mgと高く、カメのコレステロール値は82 mgしかないため、カメは時折良い代替品になります。

ビタミンとミネラル

スッポンは優れたタンパク質源であることに加えて、カルシウムが豊富で、1日の推奨摂取量の20%を占めています。
カメの肉には、ビタミンA、B1、B2、B6、リン、亜鉛が豊富に含まれています。
ビタミンB群は、食物をエネルギーに加工するのを助けると考えられており、あなたが厳しい活動に従事している場合、カメはあなたにとって良い選択になるかもしれません。

代替医療としてのスッポン

伝統的な漢方薬は、何百年もの間、食べ物や薬にスッポンを使用してきました。
ただし、主張を裏付ける科学的データは収集されていません。
オンラインの漢方薬ガイドであるShen-Nong.comが推奨するカメの理論の1つは、腎臓を豊かにするというものです。亀の肉はまた、あなたの血を豊かにし、あなたの体を冷やすと信じられており、寝汗、ほてり、過敏症などの更年期症状のために亀のスープが推奨されています。また、亀は長寿を促進するとも考えられています。

精力剤としてのスッポン

スッポンは精力を増強する食材として知られています。栄養価が高く滋養強壮に富み、様々なサプリメントにも使用されています。

スッポンをさばいて食べたり、スッポン料理店で食べるのはなかなかチャンスがありません。手軽にスッポンの栄養を摂り入れるにはサプリメントや加工食品がお勧めです。

スッポンの入手方法

生のスッポンや加工食品を入手するには、スッポン養殖センターなどから購入するのが一番良いでしょう。

東北スッポンファーム 兜すっぽん 【青森】

スッポンのさばき方&スッポン鍋

スッポンの養殖

スッポンの養殖方法には、大別すると、天然の溜め池やコンクリート製の池を使い、本来の自然環境に基づいた飼育方法である露地(ろじ)養殖とボイラーや電熱で加温したり、温泉の湯や工場などの温排水を利用し人工的に 飼育環境を作り出す加温(かおん)養殖があります。
また、加温養殖と露地養殖を併用して成育させる場合もあります。

天然のスッポンに比べて養殖のスッポンのほうが、肉質が軟らかく、アクも少なく品質が安定しています。スッポンの肉質はその成育する環境とエサによって大きな違いが出る為天然のスッポンの場合、その味にバラつきが生じやすいのです。
加温養殖のスッポンは、ほぼ周年同じような肉質であるのに対し、露地養殖のスッポンは、冬眠に入る11月~3月までは、より脂肪も乗り、旬(しゅん)となります。

加温養殖のスッポンが、通常1年半~2年程度で出荷サイズ(500g~1.2Kg程度)に成長するに対して露地養殖のスッポンは、スッポン本来の成長に合わせ、冬眠を重ねさせながら成育させる為、出荷サイズに成長するまで3年~4年の時間を要します。

スッポンは、水温が15℃以下になる11月頃に、砂泥中にもぐって冬眠に入り、 4月頃、再び水温が15℃位になると冬眠から覚めます。そして、水温上昇期(5月上旬~9月中旬)の水温が25℃~30℃位になると、本格的にエサを食べて成長するようになります。

このように、スッポンは、本来の生態では、1年のうち約半年間は冬眠をします。しかも、実際にエサを食べて成長する活動期間は、約5ヶ月と非常に短いために、露地養殖の場合には、商品として出荷できるサイズに成長するまでに、通常、3~4年(天然の場合はそれ以上)という長期にわたる成育期間が必要になってきます。加温養殖の場合は、強制的に水温を上昇させ、スッポンを冬眠させることなく周年で給餌を行い、短期間での成育を行います。

加温養殖のほうが、短期間で成育できるので、リスクも少なく、効率の面ではメリットがありますが、所謂、促成飼育であるが為、その肉質は、露地養殖のスッポンと違ってきます。

引用:「服部中村養鼈場」

まとめ

スッポンはなかなか常食することはないため、元気をつけたい時や妊活のため精力を一時的につけたい時などに集中して食べると良いでしょう。

新鮮な生スッポンをさばいて食べるのが一番ですが、初心者にはなかなか難しいため、スッポン鍋セットや冷凍スッポンなどを購入して鍋にして食べましょう。

温暖な気候の場所や温泉を利用できる方でしたら、自宅で養殖に挑戦しても面白そうです。

スッポン以外にも牡蠣やマカなどのサプリメントとも併用すれば効果は倍増するでしょう。

関連記事

マカの概要 マカの根は「ペルー人参」としても知られる塊茎です。栽培条件は非常に特殊で、地元の人々が生で、調理して、または茹でて食べ、日常の定番となったアンデスの氷河に覆われた斜面でのみ繁栄します。 マカは近縁の[…]

関連記事

健康的な性欲を持つことは、肉体的および感情的に健康であると感じることに関連しています。あなたが食べる食べ物があなたの性生活を後押しする役割を果たしてくれます。 栄養価の高い食事は多くの点であなたの性生活に利益をもたらすことができます。①あ[…]

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!