本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

トランス脂肪・ショートニングやマーガリンは絶対食べてはいけない理由

トランス脂肪は食物脂肪の一種ですが、すべての脂肪の中でトランス脂肪はあなたの健康にとって最悪の油です。

良い脂質を摂れば機能的に優れた健康な細胞膜、健康なホルモンがつくられ、悪い脂質を摂れば、ホルモンも細胞膜も質が下がります。

細胞膜は身体の構成要素であり、ホルモンは生命維持に関わるため、日頃どんな脂質を摂るかで健康度も寿命も大きく左右されます。

食事中のトランス脂肪が多すぎると、心臓病やその他の健康問題のリスクが高まります。

トランス脂肪は、主に化学的に油の組成を変化させた「不自然かつ有害な脂質」であり、食品メーカーが液体油をショートニングやマーガリンなどの固形脂肪に変えたときに作られます。

トランス脂肪は、多くの揚げ物、菓子パン、クッキー、ビスケット、ケーキ、ケーキミックス、パイ、パイ生地などに含まれています。

赤身の肉や乳製品などの動物性食品には、トランス脂肪が少量含まれていますが、ほとんどのトランス脂肪は加工食品に由来します。

トランス脂肪があなたの健康にどのように影響するか

あなたの体はトランス脂肪を必要としないか、その恩恵を受けていません。これらの脂肪を食べると、健康上の問題のリスクが高まります。

心血管疾患のリスク

トランス脂肪はあなたのLDL(悪玉)コレステロールを上げます。それらはまたあなたのHDL(良い)コレステロールを下げます。

LDLが高く、HDLレベルが低いと、コレステロールが動脈(血管)に蓄積することがあります。これにより、心臓病や脳卒中のリスクが高まります。

体重増加と糖尿病リスク

焼き菓子や揚げ物などの多くの高脂肪食品は、トランス脂肪を多く含んでいます。トランス脂肪を食べすぎると、体重が増えることがあります。また、2型糖尿病のリスクも高まります。

これはつまり健康的な体重を維持していると、糖尿病、心臓病、その他の健康問題のリスクを軽減できます。

どれだけのトランス脂肪酸を摂っても大丈夫か

あなたの体はトランス脂肪を必要としません。ですから、できるだけ食べないでください。欧米ではトランス脂肪酸は法律で使用が禁止されていますが、日本はいまだに使用されています。

あなたはトランス脂肪をあなたの毎日のカロリーの1%未満に制限するべきです。1日2,000カロリーのダイエットをしている人にとって、これは1日あたり約20カロリーまたは2グラムです。

しかし、現代人は加工食品や揚げ物、焼き菓子、パンなどで相当量もトランス脂肪酸を食べています。

栄養ラベルの読み取り

すべてのパッケージされた食品には、脂肪含有量を含む栄養表示があります。
食品メーカーは、栄養と一部のサプリメントラベルにトランス脂肪を表示する必要があります。
食品のラベルを読むことは、あなたがどれだけのトランス脂肪を食べるかを追跡するのに役立ちます。

マーガリン・ショートニング・ファットスプレッドと記載された食品がどれだけ多いかご存じでしょうか?


これらの表示があるものは徹底的に排除した方がよいでしょう。またバターも不自然な環境から作られた低品質なものが多いので、なるべく避けた方がよいでしょう。

牧草牛の乳から作られたグラスフェッドバターやギー(牛・水牛・ヤギの乳を煮詰めて濾過した調理油)であれば、料理等に使用するとよいでしょう。

安価なマヨネーズには、たくさんのトランス脂肪酸が含まれているので、なるべく添加物のない高品質なものか自分で作ると良いでしょう。

関連記事

日頃摂取する脂質は、体内でホルモンや細胞膜の材料となります。 よって良い脂質は、良いホルモン、良い細胞膜となり健康に直結します。 オメガ3系脂肪酸    そこで重要となるのは「オメガ3系脂肪酸」です。 […]

まとめ

避けるべき食品

・マーガリン・ショートニング・ファットスプレッドなどの表記がある菓子や加工食品
・マヨネーズ
・マーガリン

代替食品

・マーガリンでなく、グラスフェッドバターやギーを選ぶ
・マヨネーズはトランス脂肪酸が入っていない製品を選ぶか、自分で作る

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!