本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

細胞によい油、悪い油

日頃摂取する脂質は、体内でホルモンや細胞膜の材料となります。

よって良い脂質は、良いホルモン、良い細胞膜となり健康に直結します。

オメガ3系脂肪酸

  

そこで重要となるのは「オメガ3系脂肪酸」です。

「オメガ3系脂肪酸」に分類されるαリノレン酸は人の体内で生成できないため、外から補う必要がある必須脂肪酸です。

オメガ3系のαリノレン酸は、亜麻仁油・エゴマ油といった植物油に豊富に含まれています。αリノレン酸は熱によって酸化しやすいので加熱料理用ではなくドレッシングなどに適しています。

また、同じくオメガ3系に分類されるのは、EPA・DHAです。
これらは青魚やサーモンに多く含まれていますが、養殖ではなく天然のものを選んだ方がよいでしょう。

オメガ3系脂肪酸を効果的に摂るには、オメガ3脂肪酸サプリメントの活用もよいでしょう。

オメガ6系脂肪酸

  

「オメガ6系脂肪酸」に分類されるリノール酸、アラキドン酸は人の体内で生成できないため、外から補う必要がある必須脂肪酸です。

オメガ6系には大豆油・コーン油・ベニバナ油・サラダ油などがありますが、現代人はこれらの油を摂りすぎています。

これらの油は大量生産しやすく調理油として浸透しています。
大量生産されている油は遺伝子組み換え作物や添加物などのリスクもあるため、できるだけ高品質なものを選ぶ必要もあります。

オメガ6系の脂質が過剰になるとアレルギーの原因となったり、血管を老化させて脳血管や心血管の疾患を招く可能性があり、老化の加速や病気に直結するのです。

なお、ゴマ油はオメガ6系・9系の性質を半々ほど持つので考えて使用しましょう。

オメガ9系脂肪酸

  

オメガ9系には、オリーブ油・米油・アボガド油・アーモンド油・マカデミア油などがあります。

オリーブ油に含まれるオレイン酸は、オメガ9系脂肪酸になります。
オレイン酸は必須脂肪酸ではありませんが、コレステロールを下げる効果があり加熱しても酸化しにくいため、生食以外にも調理油に適しています。

まとめ

  

積極的に摂る油 オメガ3系脂肪酸
  • 亜麻仁油
  • エゴマ油
  • 魚油
適度に摂る油

オメガ9系脂肪酸

  • オリーブ油
  • 米油
  • アボガド油
  • アーモンド油
  • マカデミア油
避けるべき油

オメガ6系脂肪酸

  • 大豆油
  • コーン油
  • ベニバナ油
  • サラダ油

オメガ3系には炎症抑制作用がありオメガ6系には炎症促進効果があるという相反する役割を持っていますが、これらをバランスよく補うことが大切となります。

いずれの植物油も「コールドプレス(低温圧縮法)」の「エクストラバージン(一番搾り)」のものを選べばピュアで上質な脂質を摂ることができます。

プラスチック容器入りの大量生産された安い油は避けた方がよいでしょう。

  

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!