本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

前立腺肥大症の概要

良性前立腺肥大症(BPH)(前立腺肥大とも呼ばれます)は、男性が年をとるにつれてよく見られる症状です。前立腺肥大は、膀胱からの尿の流れを妨げるなど、不快な尿の症状を引き起こす可能性があります。また、膀胱、尿路、腎臓の問題を引き起こす可能性があります。

前立腺肥大には、投薬、低侵襲療法、手術など、いくつかの効果的な治療法があります。最良の選択肢を選択するために、あなたの医師はや症状、前立腺の大きさ、現在の健康状態などを考慮します。

前立腺肥大症の症状

前立腺が肥大している人の症状の重症度はさまざまですが、症状は時間の経過とともに徐々に悪化する傾向があります。 BPHの一般的な兆候と症状は次のとおりです。

  • 頻繁または緊急の排尿の必要性
  • 夜間頻尿(夜間頻尿)
  • 排尿開始の難しさ
  • 弱い尿の流れまたは停止および開始する流れ
  • 排尿の終わりにドリブル
  • 膀胱を完全に空にすることができない


あまり一般的ではない兆候と症状は次のとおりです。

  • 尿路感染
  • 排尿できない
  • 血尿

前立腺の大きさが必ずしも症状の重症度を決定するわけではありません。前立腺がわずかに肥大している男性の中には、重大な症状を示す人もいれば、前立腺が非常に肥大している男性の中には、わずかな尿の症状しか見られない人もいます。

一部の男性では、症状を安定させ、時間の経過とともに改善することさえあります。

関連記事

脂質異常症の概要 コレステロールはあなたの血中にあるワックス状の物質です。あなたの体は健康な細胞を作るためにコレステロールを必要としますが、高レベルのコレステロールは心臓病のリスクを高める可能性があります。 高[…]

前立腺肥大症の原因



前立腺は膀胱の下にあります。膀胱から陰茎(尿道)から尿を運ぶチューブは、前立腺の中心を通過します。前立腺が肥大すると、尿の流れが妨げられ始めます。

ほとんどの男性は生涯を通じて前立腺の成長を続けています。多くの男性では、この継続的な成長により前立腺が肥大し、尿の症状を引き起こしたり、尿の流れを大幅に遮断したりします。

何が前立腺肥大を引き起こすのかは完全には明らかではありません。しかし、それは男性が年をとるにつれて性ホルモンのバランスが変化するためかもしれません。

関連記事

最近、ED(勃起不全)や性欲減退、精子減少をトリガーに、モチベーションの低下、睡眠不足、倦怠感など、あらゆる更年期障害に悩まされています。年齢も40代になっており複合的な要因によると考えられます。 半年ほど前に東京に再進出してシェア[…]

前立腺肥大症の危険因子

前立腺肥大の危険因子は次のとおりです。

  1. エージング。前立腺の肥大が40歳未満の男性に徴候や症状を引き起こすことはめったにありません。男性の約3分の1が60歳までに中等度から重度の症状を経験し、約半分が80歳までに発症します。
  2. 家族の歴史。父親や兄弟などの血縁者に前立腺の問題があるということは、問題が発生する可能性が高いことを意味します。
  3. 糖尿病と心臓病。研究によると、糖尿病、心臓病、ベータ遮断薬の使用は、BPHのリスクを高める可能性があります。
  4. ライフスタイル。肥満はBPHのリスクを高めますが、運動はリスクを下げることができます。
関連記事

美しく輝く肌は、私たちの食べ方から始まりますが、これらのアンチエイジング食品はそれ以上の効果もあります。 抗酸化物質、健康的な脂肪、水、必須栄養素を含んだ活気のある食品は、私たちの体のアンチエイジングをサポートしてくれます。そしてそ[…]

関連記事

糖尿病の概要 糖尿病とは、体が血糖値(ブドウ糖)をどのように使用するかに影響を与える病気のグループを指します。ブドウ糖は、筋肉や組織を構成する細胞にとって重要なエネルギー源であるため、健康に不可欠です。それはあなたの脳の主要な燃料源[…]

前立腺肥大症の合併症

  1. 突然の排尿不能(尿閉)。尿を排出するために、膀胱にチューブ(カテーテル)を挿入する必要があるかもしれません。前立腺肥大症の男性の中には、尿閉を和らげるために手術が必要な人もいます。
  2. 尿路感染症(UTI)。膀胱を完全に空にできないと、尿路感染症のリスクが高まる可能性があります。 UTIが頻繁に発生する場合は、前立腺の一部を切除するための手術が必要になる場合があります。
  3. 膀胱結石。これらは一般的に膀胱を完全に空にすることができないことによって引き起こされます。膀胱結石は、感染症、膀胱の炎症、血尿、尿の流れの妨げを引き起こす可能性があります。
  4. 膀胱の損傷。完全に空になっていない膀胱は、時間の経過とともに伸びたり弱くなったりする可能性があります。その結果、膀胱の筋肉壁が適切に収縮しなくなり、膀胱を完全に空にすることが難しくなります。
  5. 腎臓の損傷。尿閉による膀胱内の圧力は、腎臓に直接損傷を与えたり、膀胱感染症が腎臓に到達することを可能にします。

前立腺肥大症のほとんどの男性は、これらの合併症を発症しません。ただし、急性尿閉と腎臓の損傷は深刻な健康上の脅威となる可能性があります。

前立腺が肥大していると、前立腺がんを発症するリスクが高まるとは考えられていません。

関連記事

前立腺がんの概要 前立腺がんは、前立腺に発生するがんです。前立腺は男性の小さなクルミの形をした腺で、精子に栄養を与えて輸送する精液を生成します。 前立腺がんは、最も一般的な種類のがんの1つです。多くの前立腺がんはゆっくりと成長[…]

泌尿器症状の他の考えられる原因

前立腺肥大によって引き起こされる症状と同様の症状を引き起こす可能性のある状態には、次のものがあります。

  1. 尿路感染
  2. 前立腺の炎症(前立腺炎)
  3. 尿道の狭窄(尿道狭窄)
  4. 以前の手術の結果としての膀胱頸部の瘢痕
  5. 膀胱結石または腎臓結石
  6. 膀胱を制御する神経の問題
  7. 前立腺または膀胱のがん

いつ医者に診てもらうか


尿の問題がある場合は、医師に相談してください。尿の症状が気にならない場合でも、根本的な原因を特定または除外することが重要です。未治療の尿の問題は、尿路の閉塞につながる可能性があります。

尿が出ない場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

関連記事

精巣腫瘍の概要 精巣腫瘍は、陰嚢の下にある皮膚のゆるい袋である陰嚢の内側にある睾丸(精巣)で発生します。睾丸は生殖のために男性ホルモンと精子を生成します。他の種類のがんと比較して、精巣がんはまれです。しかし、精巣癌は[…]

前立腺肥大症の診断


あなたの医者はあなたの症状について詳細な質問をし、身体検査をすることから始めます。
この検査には、次のものが含まれる可能性があります。

  1. 直腸指診。医師は直腸に指を挿入して、前立腺の肥大をチェックします。
  2. 尿検査。尿のサンプルを分析すると、同様の症状を引き起こす可能性のある感染症やその他の状態を除外するのに役立ちます。
  3. 血液検査。結果は腎臓の問題を示している可能性があります。
  4. 前立腺特異抗原(PSA)血液検査。 PSAはあなたの前立腺で生成される物質です。前立腺が肥大すると、PSAレベルが上昇します。ただし、PSAレベルの上昇は、最近の手順、感染、手術、または前立腺癌が原因である可能性もあります。

その後、あなたの医者は肥大した前立腺を確認し、他の状態を除外するのを助けるために追加の検査を勧めるかもしれません。これらのテストには次のものが含まれます。

  1. 尿の流れのテスト。尿の流れの強さと量を測定する機械に取り付けられたレセプタクルに排尿します。テスト結果は、あなたの状態が良くなっているのか悪くなっているのかを時間をかけて判断するのに役立ちます。
  2. 排尿後の残留量テスト。このテストでは、膀胱を完全に空にすることができるかどうかを測定します。この検査は、超音波を使用するか、排尿後に膀胱にカテーテルを挿入して膀胱に残っている尿の量を測定することによって行うことができます。
  3. 24時間排尿日記。毎日の尿量の3分の1以上が夜間に発生する場合は、尿の頻度と量を記録することが特に役立つ場合があります。
  4. 経直腸的超音波。超音波プローブを直腸に挿入して、前立腺を測定および評価します。
  5. 前立腺生検。経直腸的超音波は、前立腺の組織サンプル(生検)を採取するために使用される針をガイドします。組織を調べると、医師が前立腺がんを診断または除外するのに役立ちます。
  6. 尿流動態および圧力流の研究。カテーテルは尿道から膀胱に通されます。水(または、あまり一般的ではありませんが、空気)がゆっくりと膀胱に注入されます。その後、医師は膀胱内圧を測定し、膀胱筋がどの程度機能しているかを判断できます。これらの研究は通常、神経学的問題が疑われる男性と、以前に前立腺手術を受けたがまだ症状がある男性にのみ使用されます。
  7. 膀胱鏡検査。照明付きの柔軟な器具(膀胱鏡)を尿道に挿入し、医師が尿道と膀胱の内部を確認できるようにします。このテストの前に、局所麻酔薬が投与されます。
関連記事

男性の更年期障害とは? 男性の更年期障害は男性ホルモンレベルの加齢に伴う変化が最も大きな要因です。同じグループの症状は、テストステロン欠乏症、アンドロゲン欠乏症、および遅発性性腺機能低下症としても知られています。 […]

前立腺肥大症の治療

前立腺肥大症には、投薬、低侵襲療法、手術など、さまざまな治療法が利用できます。あなたにとって最良の治療法の選択は、以下を含むいくつかの要因に依存します

  • あなたの前立腺のサイズ
  • あなたの年齢
  • あなたの全体的な健康
  • あなたが経験している不快感や煩わしさの量

症状が許容できる場合は、治療を延期し、症状を監視することをお勧めします。一部の男性にとって、症状は治療なしで緩和することができます。

投薬


薬物療法は、前立腺肥大の軽度から中等度の症状に対する最も一般的な治療法です。オプションは次のとおりです。

  1. アルファ遮断薬。これらの薬は、膀胱頸部の筋肉と前立腺の筋線維を弛緩させ、排尿を容易にします。アルフゾシン(Uroxatral)、ドキサゾシン(Cardura)、タムスロシン(Flomax)、シロドシン(Rapaflo)を含むアルファ遮断薬は、通常、前立腺が比較的小さい男性ですぐに機能します。副作用には、めまいや、精液が陰茎の先端からではなく膀胱に戻る無害な状態(逆行性射精)などがあります。
  2. 5-アルファレダクターゼ阻害剤。これらの薬は、前立腺の成長を引き起こすホルモンの変化を防ぐことによって、前立腺を収縮させます。フィナステリド(プロスカー)とデュタステリド(アボダート)を含むこれらの薬は、効果が現れるまでに最大6か月かかる場合があります。副作用には逆行性射精が含まれます。
  3. 併用薬療法。どちらかの薬だけでは効果がない場合は、医師がアルファ遮断薬と5-アルファ還元酵素阻害薬を同時に服用することを勧める場合があります。
  4. タダラフィル(シアリス)。研究によると、勃起不全の治療によく使用されるこの薬は、前立腺肥大症の治療にも使用できることが示唆されています。
  5. ノコギリヤシ。BPHに伴うLUTSの治療には、植物および薬草を用いた薬理学的治療(植物療法)が一般的である。ノコギリヤシの液果エキス剤には、BPH治療に利用される植物治療薬のひとつです。

関連記事

勃起不全(ED)の概要 勃起不全(インポテンス)は、セックスに十分な勃起を維持することができないことです。時々勃起障害があることは必ずしも心配の原因ではありません。しかし、勃起不全が進行中の問題である場合、それはストレスを引き起こし[…]

低侵襲治療または外科的治療

次の場合は、低侵襲または外科的治療が推奨されるケースが多いです。

  1. 症状が中等度から重度
  2. 薬で症状を和らげることはできない
  3. 尿路閉塞、膀胱結石、尿中の血液、または腎臓の問題がある
  4. 決定的な治療を好む場合

以下の場合、低侵襲または外科的治療は選択肢とならない可能性があります。

  • 未治療の尿路感染症
  • 尿道狭窄症
  • 前立腺放射線療法または尿路手術の病歴
  • パーキンソン病や多発性硬化症などの神経障害

どんな種類の前立腺手術も副作用を引き起こす可能性があります。選択した手順によっては、合併症には次のようなものがあります。

  • 射精(逆行性射精)中に陰茎からではなく膀胱に逆流する精液
  • 排尿の一時的な困難
  • 尿路感染
  • 出血
  • 勃起不全
  • ごくまれに、膀胱制御の喪失(失禁)

低侵襲または外科的治療にはいくつかの種類があります。

  1. 経尿道的前立腺切除術(TURP)
    照明付きのスコープが尿道に挿入され、外科医は前立腺の外側部分を除くすべてを取り除きます。 TURPは一般的に症状をすばやく緩和し、ほとんどの男性は手術後すぐに強い尿の流れを示します。 TURP後、膀胱を排出するために一時的にカテーテルが必要になる場合があります。
  2. 経尿道的前立腺切開術(TUIP)
    照明付きのスコープが尿道に挿入され、外科医は前立腺に1つまたは2つの小さな切り込みを入れます。これにより、尿が尿道を通過しやすくなります。この手術は、前立腺が小さいか中程度に肥大している場合、特に他の手術のリスクを高める健康上の問題がある場合に選択肢となる可能性があります。
  3. 経尿道的マイクロ波熱療法(TUMT)
    あなたの医者はあなたの尿道を通してあなたの前立腺領域に特別な電極を挿入します。電極からのマイクロ波エネルギーは、肥大した前立腺の内部を破壊し、それを収縮させ、尿の流れを緩和します。 TUMTは症状を部分的に緩和するだけで、結果に気付くまでに時間がかかる場合があります。この手術は、再治療が必要になる可能性があるため、通常、特別な状況で小さな前立腺にのみ使用されます。
  4. 経尿道的針切除術(TUNA)
    この手順では、スコープを尿道に通し、医師が前立腺に針を刺せるようにします。電波が針を通過し、尿の流れを妨げる過剰な前立腺組織を加熱して破壊します。一部のケースではTUNAがオプションになる場合がありますが、この手順が使用されることはほとんどありません。
  5. レーザー治療
    高エネルギーレーザーは、生い茂った前立腺組織を破壊または除去します。レーザー治療は一般的に症状をすぐに緩和し、非レーザー手術よりも副作用のリスクが低くなります。レーザー治療は、抗凝血薬を服用しているために他の前立腺手術を受けるべきではない男性に使用される可能性があります。
関連記事

テストステロンは食生活や生活環境などにより自然に高めることが可能です。 テストステロンを高める11の方法を紹介します。 テストステロンを高める方法 食事にZingを追加する タマネギとニンニクは、キッチンと[…]

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!