本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

性腺機能低下症の概要

男性の性腺機能低下症は、思春期の男性の成長と発達に重要な役割を果たすホルモン(テストステロン)または十分な精子、あるいはその両方を体が十分に産生しない状態です。

あなたは男性の性腺機能低下症で生まれるか、人生の後半に、しばしば怪我や感染症から発症する可能性があります。影響(およびそれらに対して何ができるか)は、原因と、人生のどの時点で男性の性腺機能低下症が発生するかによって異なります。男性の性腺機能低下症のいくつかのタイプは、テストステロン補充療法で治療することができます。

性腺機能低下症の症状

男性の生殖システム

男性の生殖システムは、精子を作り、貯蔵し、動かします。睾丸は精子を生成します。精嚢と前立腺からの液体が精子と結合して精液を作ります。陰茎は性交中に精液を射精します。

性腺機能低下症は、胎児の発育中、思春期前、または成人期に始まる可能性があります。兆候と症状は、症状がいつ発症するかによって異なります。

胎児の発育

胎児の発育中に体が十分なテストステロンを生成しない場合、その結果、外性器の成長が損なわれる可能性があります。性腺機能低下症が発症する時期とテストステロンの量に応じて、遺伝的に男性である子供は次のように生まれる可能性があります。

  • 女性の性器
  • 明らかに男性でも女性でもない性器(曖昧な性器)
  • 未発達の男性器

思春期

男性の性腺機能低下症は、思春期を遅らせたり、正常な発達の不完全さや欠如を引き起こしたりする可能性があります。それは下記の発達を妨げる可能性があります。

  • 筋肉量の発達
  • 声変わり
  • 体と顔の毛の成長
  • 陰茎と睾丸の成長

声変わりや性機能成長が遅れている子供は、 性腺機能低下症 が原因です。
そして重度の性腺機能低下症であると下記の症状を引き起こす可能性があります。

  • 体幹に関連した腕と脚の過度の成長
  • 乳房組織の発達(女性化乳房)
関連記事

テストステロンは男性と女性の両方で強力なホルモンです。それは性欲を制御し、精子の生産を調節し、筋肉量を促進し、そしてエネルギーを増加させる能力を持っています。攻撃性や競争力などの人間の行動にも影響を与える可能性があります。 […]

成人期

成人男性では、性腺機能低下症は特定の男性の身体的特徴を変化させ、正常な生殖機能を損なう可能性があります。初期の兆候と症状には次のものが含まれます。

  • 性欲の低下
  • エネルギーの減少
  • うつ

加齢とともに、性腺機能低下症の男性は下記の症状を発症する可能性があります。

  • 勃起不全
  • 不妊
  • 顔や体の発毛の減少
  • 筋肉量の減少
  • 乳房組織の発達(女性化乳房)
  • 骨量の減少(骨粗鬆症)


重度の性腺機能低下症も精神的および感情的な変化を引き起こす可能性があります。テストステロンが減少するにつれて、一部の男性は女性の更年期障害と同様の症状を示します。これらには次のものが含まれます。

  • 集中力の低下
  • ほてり
関連記事

テストステロンは人体によって生成されるホルモンです。それは主に睾丸によって男性で生産されます。テストステロンは男性の外見と性的発達に影響を与えます。それは精子の生産と男性の性欲を刺激します。また、筋肉や骨量を増やすのにも役立ちます。 […]

いつ医者に診てもらうか


男性の性腺機能低下症の症状がある場合は、医師の診察を受けてください。性腺機能低下症の原因を見つけることは、適切な治療を受けるための重要な最初のステップです。

関連記事

最近、ED(勃起不全)や性欲減退、精子減少をトリガーに、モチベーションの低下、睡眠不足、倦怠感など、あらゆる更年期障害に悩まされています。年齢も40代になっており複合的な要因によると考えられます。 半年ほど前に東京に再進出してシェア[…]

性腺機能低下症の原因

下垂体と視床下部

男性の性腺機能低下症は、睾丸が男性ホルモンのテストステロンを十分に産生しないことを意味します。性腺機能低下症には2つの基本的なタイプがあります。

  1. 主要な原因。このタイプの性腺機能低下症(一次精巣障害としても知られています)は、睾丸の問題に起因します。
  2. 二次的な原因。このタイプの性腺機能低下症は、視床下部または下垂体(睾丸にテストステロンを生成するように信号を送る脳の部分)に問題があることを示しています。視床下部はゴナドトロピン放出ホルモンを産生し、これが下垂体に卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を作るように信号を送ります。次に、黄体形成ホルモンは精巣に信号を送り、テストステロンを生成します。

どちらのタイプの性腺機能低下症も、遺伝性(先天性)形質、または怪我や感染症など、後年に起こる(後天性)何かによって引き起こされる可能性があります。時には、一次性腺機能低下症と二次性腺機能低下症が同時に発生します。

一次性腺機能低下症

原発性性腺機能低下症の一般的な原因は次のとおりです。

  1. クラインフェルター症候群。
    この状態は、性染色体XおよびYの先天性異常に起因します。男性は通常、1つのX染色体と1つのY染色体を持っています。クラインフェルター症候群では、1つのY染色体に加えて2つ以上のX染色体が存在します。
    Y染色体には、子供の性別と関連する発達を決定する遺伝物質が含まれています。クラインフェルター症候群で発生する余分なX染色体は、睾丸の異常な発達を引き起こし、その結果、テストステロンの産生が低下します。
  2. 停留精巣。
    出生前に、睾丸は腹部の内側で発達し、通常は陰嚢の恒久的な場所に移動します。睾丸の一方または両方が出生時に下降しない場合があります。
    この状態は、多くの場合、治療なしで生後数年以内に自然に治ります。幼児期に矯正されない場合、それは睾丸の機能不全とテストステロンの生産の減少につながる可能性があります。
  3. おたふく風邪の精巣炎。
    青年期または成人期に発生する睾丸が関与するおたふく風邪感染は、睾丸に損傷を与え、睾丸の機能およびテストステロン産生に影響を与える可能性があります。
    ヘモクロマトーシス。血中の鉄分が多すぎると、精巣の障害や下垂体の機能障害を引き起こし、テストステロンの産生に影響を与える可能性があります。
  4. 睾丸の損傷。
    彼らは腹部の外にあるので、睾丸は怪我をする傾向があります。通常発達した睾丸への損傷は性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。 1つの睾丸への損傷は総テストステロン生産を損なうことはないかもしれません。
  5. 癌治療。
    癌治療のための化学療法または放射線療法は、テストステロンおよび精子の産生を妨げる可能性があります。両方の治療の効果はしばしば一時的ですが、永続的な不妊症が発生する可能性があります。
    多くの男性は治療後数ヶ月以内に妊娠させることができますが、がん治療を開始する前に精子を保存することは男性の選択肢です。
関連記事

マカの概要 マカの根は「ペルー人参」としても知られる塊茎です。栽培条件は非常に特殊で、地元の人々が生で、調理して、または茹でて食べ、日常の定番となったアンデスの氷河に覆われた斜面でのみ繁栄します。 マカは近縁の[…]

二次性腺機能低下症

二次性腺機能低下症では、睾丸は正常ですが、下垂体または視床下部の問題のために適切に機能しません。次のような多くの状態が二次性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。

  1. カルマン症候群。
    これは、下垂体ホルモン(視床下部)の分泌を制御する脳の領域の異常な発達です。この異常は、嗅覚(無嗅覚症)の能力にも影響を及ぼし、赤緑色覚異常を引き起こす可能性があります。
  2. 下垂体障害。
    下垂体の異常は、下垂体から睾丸へのホルモンの放出を損ない、正常なテストステロン産生に影響を与える可能性があります。下垂体の近くにある下垂体腫瘍または他のタイプの脳腫瘍は、テストステロンまたは他のホルモン欠乏症を引き起こす可能性があります。
    また、手術や放射線療法などの脳腫瘍の治療は、下垂体に影響を及ぼし、性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。
  3. 炎症性疾患。
    サルコイドーシス、組織球増殖症、結核などの特定の炎症性疾患は、視床下部と下垂体を含み、テストステロン産生に影響を与える可能性があります。
  4. HIV / AIDS。
    HIV / AIDSは、視床下部、下垂体、精巣に影響を与えることにより、低レベルのテストステロンを引き起こす可能性があります。
  5. 薬。
    アヘン鎮痛薬や一部のホルモンなどの特定の薬の使用は、テストステロンの産生に影響を与える可能性があります。
  6. 肥満。
    年齢を問わず大幅に太りすぎであることが性腺機能低下症に関連している可能性があります。
  7. 加齢。
    男性が年をとるにつれて、テストステロンの生産はゆっくりと漸進的に減少します。進行度には個人差があります。
関連記事

健康的な性欲を持つことは、肉体的および感情的に健康であると感じることに関連しています。あなたが食べる食べ物があなたの性生活を後押しする役割を果たしてくれます。 栄養価の高い食事は多くの点であなたの性生活に利益をもたらすことができます。①あ[…]

性腺機能低下症の危険因子

性腺機能低下症の危険因子は次のとおりです。

  • HIV / AIDS
  • 過去の化学療法または放射線療法
  • 加齢
  • 肥満
  • 栄養失調

性腺機能低下症は遺伝する可能性があります。これらの危険因子のいずれかがあなたの家族の健康歴にある場合は、医師に相談してください。

関連記事

男性の更年期障害とは? 男性の更年期障害は男性ホルモンレベルの加齢に伴う変化が最も大きな要因です。同じグループの症状は、テストステロン欠乏症、アンドロゲン欠乏症、および遅発性性腺機能低下症としても知られています。 […]

性腺機能低下症の合併症

女性化乳房の例

未治療の性腺機能低下症の合併症は、胎児の発育中、思春期、成人期など、いつ発症するかによって異なります。

合併症には以下が含まれます。

  • 異常な性器
  • 拡大した男性の胸(女性化乳房)
  • 不妊
  • 勃起不全(ED)
  • 骨粗鬆症
  • 貧弱な自己イメージ(自己否定、うつ)
関連記事

勃起不全(ED)の概要 勃起不全(インポテンス)は、セックスに十分な勃起を維持することができないことです。時々勃起障害があることは必ずしも心配の原因ではありません。しかし、勃起不全が進行中の問題である場合、それはストレスを引き起こし[…]

性腺機能低下症の診断

男性の早期発見は、思春期遅発症による問題を防ぐのに役立ちます。男性の早期診断と治療は、骨粗鬆症やその他の関連する状態に対するより良い保護を提供します。

医師が身体検査を行い、陰毛、筋肉量、精巣の大きさなどの性的発達が年齢と一致しているかどうかを確認します。

性腺機能低下症の兆候や症状がある場合は、医師がテストステロンの血中濃度をテストします。
テストステロンのレベルはさまざまで、通常は朝に最も高くなるため、血液検査は通常、1日の早い時間、午前10時前、場合によっては1日以上行われます。

テストステロンが低いことがテストで確認された場合は、さらにテストを行うことで、精巣障害または下垂体異常が原因であるかどうかを判断できます。これらの研究には以下が含まれる可能性があります。

  • ホルモン検査
  •  精液分析
  •  下垂体イメージング
  •  遺伝子研究
  •  精巣生検

【PR】 プレグナクト郵送精子検査キット【ベビーライフ研究所】

ベビーライフ研究所のプレグナクト郵送精子検査キット では、郵送にて精液量・精子濃度・総精子量・精子正常形態率を知ることができ、手軽に自分の精子の状態を検査することができます。

検査項目は精液量・精子濃度・総精子量・精子正常形態率の4項目が確認できます。

関連記事

あなたとあなたのパートナーが不妊の問題を経験している場合は、あなたが一人ではないことを知ってください。不妊症はあなたが思っているよりも一般的です。 これはカップルの6組中1組に影響を及ぼし、研究者は3組中1組が男性のパートナーの生殖[…]

性腺機能低下症の治療


男性の性腺機能低下症は通常、テストステロン補充療法で治療され、テストステロンレベルを正常に戻します。

テストステロンは、性的欲求の低下、エネルギーの低下、顔や体毛の低下、筋肉量や骨密度の低下など、男性の性腺機能低下症の兆候や症状に対抗するのに役立ちます。

テストステロンが低く、加齢による性腺機能低下症の兆候と症状がある年配の男性にとって、テストステロン補充の利点はあまり明確ではありません。

テストステロンを服用している間、治療の最初の年に数回、その後は毎年、治療の有効性と副作用について医師の観察を受けることをお勧めします。

関連記事

テストステロンとは Blackboard with the chemical formula of testosterone テストステロンは男性のステロイドホルモンであり、健康的な性欲を促進するだけでなく、男性にも多[…]

テストステロン補充療法の種類

経口テストステロン製剤は、深刻な肝臓の問題を引き起こす可能性があるため、性腺機能低下症の治療には使用されていません。また、それらはテストステロンレベルを一定に保ちません。

最近、FDA(アメリカ食品医薬品局)は、リンパ系に吸収される経口テストステロン補充療法であるウンデカン酸テストステロン(Jatenzo)を承認しました。それはテストステロンの他の経口形態で見られる肝臓の問題を回避するかもしれません。

利便性、費用、保険の適用範囲に応じて選択できるテストステロン補充療法には、次のものがあります。

テストステロンゲル

いくつかのゲルと溶液が利用可能であり、それらを適用するさまざまな方法があります。ブランドに応じて、テストステロンを上腕または肩の皮膚にこすりつけるか(AndroGel、Testim、Vogelxo)、または前部と内腿に適用します(Fortesta)。

あなたの体はあなたの皮膚を通してテストステロンを吸収します。ジェルを塗った後、数時間シャワーを浴びたり入浴したりしないでください。

副作用には、皮膚の炎症や他の人に薬を移す可能性が含まれます。ジェルが完全に乾くまで肌と肌の接触を避けるか、塗布後にその部分を覆ってください。

テストステロン注入

テストステロンシピオネート(デポテストステロン)とテストステロンエナント酸は、筋肉または皮下に投与されます。注射の頻度によっては、服用間で症状が変動する場合があります。

自宅でテストステロン注射をすることもできますが、自分で注射するのが不快な場合は、看護師または医師が注射を行うことができます。

サスタノン(Sustanon)250mg[aspen社製]

作用時間の異なる4種のエステル化された天然のテストステロンホルモンが有効成分として混合された、男性ホルモン注射剤です。男性更年期障害(LOH症候群)などに対するホルモン補充療法(HRT)に有効です。

テストステロンパッチ

テストステロン(アンドロダーム)を含むパッチが毎晩あなたの太ももや胴体に適用されます。考えられる副作用は、重度の皮膚反応です。

経鼻送達テストステロン

このテストステロンゲル(Natesto)は鼻孔にポンプで送ることができます。このオプションは、皮膚との接触によって薬が他の人に移るリスクを減らします。

経鼻送達テストステロンは、各鼻孔に2回、1日3回適用する必要があります。これは、他の送達方法よりも不便な場合があります。

テストヒール(Testoheal)40mg

有効成分のウンデカン酸テストステロンを含有した男性ホルモン製剤です。男性ホルモンを補うことで、男性ホルモンの働きが充分でないときに起こる症状を改善します。

関連記事

近年、テストステロンが少ないと言われている男性が増加しています。良くも悪くも、私たちを含む多くの文化は、テストステロンの喪失の原因を見つけて適切に対処するよりも、テストステロンを増やす方法を見つけることに関心があるようです。テストステロン[…]

テストステロン療法には、次のようなさまざまなリスクが伴います。

  • 赤血球の生産の増加
  • にきび
  • 胸の拡大
  • 睡眠障害
  • 前立腺肥大症
  • 精子量の減少
関連記事

前立腺肥大症の概要 良性前立腺肥大症(BPH)(前立腺肥大とも呼ばれます)は、男性が年をとるにつれてよく見られる症状です。前立腺肥大は、膀胱からの尿の流れを妨げるなど、不快な尿の症状を引き起こす可能性があります。また[…]

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!

病気への対応の最新記事8件