本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康暮らしの総合ポータルサイトです。

皮膚むしり症の概要

慢性皮膚むしり症は、強迫性障害に関連する精神疾患であり、かゆみが生じる身体疾患や皮膚疾患ではないにもかかわらず、自分の皮膚を繰り返しむしることを止められない障害です。それは、自分の皮膚を繰り返し摘むことを特徴とし、その結果、皮膚が腫れたり壊れたりし、人生に重大な混乱を引き起こします。

よく対象となる部位は顔、腕、指、手、爪の甘皮、足ですが、多くの人が複数の部位で皮膚むしり行為をします。特定の部位をむしりすぎて損傷すると、別の部位をむしるようになります。顔のニキビなどを触れたり潰しているうちに、皮膚むしり症に転じてしまう事もあります。自分の手でむしるほか、ピンセットや針など道具を使うこともあります。また、皮膚をこすったり強く抑えたり、刺す、噛む人もいます。患者さんによっては、引き剥がした皮膚を調べたり、もてあそんだり、口に入れたりします。

皮膚むしりは、13 歳から 15 歳頃の思春期の開始とともに、またはその後の思春期に一般的に始まる、身体に焦点を当てた反復行動 (BFRB) ですが、子供や大人の間でも発生する可能性があります。この状態は、アメリカの成人の 1.4 ~ 5.4% に影響を及ぼし、男性よりも女性により頻繁に経験されます。

健康な皮膚、軽度の皮膚の不規則性(にきびやタコなど)、開いた傷、水ぶくれ、かさぶた、またはその他の種類の病変を摘むことがあります。この障害は通常慢性であり、ピッキングのない期間と、より強い症状の期間が交互に現れます。未治療の場合、スキンピッキング行動は、一度に数週間、数か月、または数年にわたって行ったり来たりする可能性があります。この障害を持つ個人は、かなりの時間を、時には 1 日に数時間も摘み取り行動に費やすのが一般的です。


皮膚をむしろうとする直前には緊張感が高まり、行為のあとは満足感や快感、安堵感を得る人が多いようです。しかし、その後に後悔や罪悪感に苛まれると報告されています。患者さんは、皮膚むしり行為を恥ずかしいと思い、皮膚の損傷をしばしば隠そうとしますし、他人の前ではあまり皮膚をむしりません。外出を控えたり、イベントごとを避けたりする人も多いようです。

皮膚むしり行為をしたり、むしることを考えたり、むしりたい衝動に抵抗している時間は1日数時間におよび、仕事や学業、生活に支障を来します。皮膚をむしりすぎたために損傷や感染などの合併症が起こることもあります。

なお、皮膚むしり症は強迫症と似たところがあり、高い確率で併発します。皮膚むしり症は皮膚をむしったあとに不安が減少し、快感を感じることがありますが、強迫症でそうしたことはほとんどありません。

関連記事

PTSDの概要 心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、恐ろしい出来事によって引き起こされる精神的健康状態です。症状には、フラッシュバック、悪夢、深刻な不安、およびイベントについての制御不能な考えが含まれる場合がありま[…]

皮膚むしり症の原因

現在、剥脱障害の特定の原因は特定されていません。ただし、証拠は、この状態の発症に影響を与える要因が存在する可能性があることを示唆しています。

遺伝学

皮膚病を経験する人は、この状態を持っている第一度近親者 (親または兄弟) が少なくとも 1 人いる可能性が高くなります。

脳構造の変化

剥脱障害のある人は、学習方法や習慣の形成方法を制御する脳領域の構造にいくつかの重要な違いがある可能性が高くなります。

ストレス、不安、またはその他の状態

スキンピッキングは、他のメンタルヘルスの問題に対処する方法かもしれません.また、退屈やその他の要因に関連している可能性もあります。

遺伝要因と生理学的要因: 皮膚むしり症は一般人口に比べて強迫症を持つ人や、その第一度親族に多く見られます。また、皮膚むしり行為は、不安や退屈な感覚が引き金となることがあります。

関連記事

ドラマやCMで活躍する俳優の深田恭子さん(38)が、適応障害と診断され、治療を優先させるため休養すると発表しました。適応障害は見た目にはわかりづらく、一体どんな病気なのかを調べてみました。 適応障害の概要 適応[…]

皮膚むしり症の診断

剥脱症と診断されるには、次の徴候と症状を示す必要があります。

  • 皮膚病変を引き起こす反復的な皮膚むしり
  • 行動を止めようと何度も試みます
  • 症状によって引き起こされる重大な苦痛または機能障害
  • 物質、医学的、または皮膚科学的状態によって引き起こされたものではありません
  • 別の精神障害ではうまく説明できません。
関連記事

「ポルノ依存症」とは何ですか? ポルノは常に私たちと共にあり、常に物議を醸しています。興味がない人もいれば、ひどく腹を立てている人もいます。ある人は時々ポルノにアクセスし、またある人は定期的にポルノにアクセスします。それはすべて、個[…]

皮膚むしり症の有病率

成人の皮膚むしり症の生涯有病率は、一般人口において1.4%か、それよりやや高いと推定されています。また、この障害のある人の3/4かそれ以上は女性です。

皮膚むしり症の治療

薬物療法と認知行動療法 (CBT) の両方が、剥脱障害の症状を効果的に軽減する可能性があることを示す証拠があります。特定の種類の CBT、習慣逆転トレーニング (HRT)、および包括的な行動モデル (ComB) は、治療に役立つ可能性があります。

薬物療法

治療の成功には、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) の使用が含まれる場合があります。SSRI は、強迫観念や強迫的な行動を軽減するのにも役立つ抗うつ薬です。

CBT

CBT は、個人が反復行動を減らすために、自分の思考と行動パターンがどのように関連しているかを理解するのに役立ちます。個人は、自分の考えを変える方法を学び、自分の肌を傷つけないようにします。

この障害の治療は難しく、有効な治療法のデータはほとんどありません。しかし、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)など、いくつかの薬物が有効という報告があります。ほかに心理的治療と身体的治療を組み合わせることで、有効性が高められるかもしれません。皮膚を物理的に保護することが皮膚むしり行為の予防になり、悪循環を断ち切ることにつながる場合もあります。

関連記事

更年期障害の概要 更年期はあなたの月経周期の終わりを示す時間です。月経がない状態で12か月経った後に診断されます。 閉経は40代または50代で発生する可能性があります。 更年期障害は自然な生物学的プロセスです。 しかし、[…]

皮膚むしり症の併発疾患

剥脱障害は、他の精神的健康状態または病状と併発することがよくあります。それらのいくつかは次のとおりです。

  • OCD
  • 抜毛症(抜毛症)
  • 爪噛み症(爪噛み)
  • うつ
  • 不安障害
  • 双極性障害
  • プラダー・ウィリー症候群

関連記事

アマランサスの概要 何世紀にもわたって、アマランサスはその信じられないほどの健康上の利点によって、人々の健康を助けてきました。 まず、「アマランサス」という言葉を解読しましょう。 「マラ」は死の女神であり、接頭辞「a」はラテン[…]

最新情報をチェックしよう!

病気への対応の最新記事8件