本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

【アーユルヴェーダ】食品の食べ合わせについて

食品の組み合わせは、消化、体重減少、セルライトの防止に非常に重要です。

セルライト(Cellulite)は、脂肪組織に線維化が生じ変性をきたし、皮膚に凸凹となって表れた皮膚の状態を指す。 肥満とは異なる。

Wikipedia

タンパク質とデンプン

  

タンパク質とデンプンを一緒に食べないでください。肉や乳製品などのタンパク質は、非デンプン野菜と一緒に食べる必要があります。

肉とポテトは良くない組み合わせです

タンパク質を含む果物はありません。果物とでんぷん質の野菜は混ぜないでください。

穀物はすべての野菜とよく混ざり、ナッツは緑の野菜、柑橘類、または酸っぱい果実と混ざります。カボチャやジャガイモのようなでんぷん質の野菜は、緑の野菜とよく混ざります。

さまざまな種類の食品を消化するには、さまざまな酵素が必要です。タンパク質は、塩酸とペプシンが胃の内容物から放出され、酸性タンパク質消化(タンパク質がアミノ酸になる)を要求します。

デンプンの消化は口から始まり(唾液からのプチアリンで)、酸が放出されなければ胃で続きます。これが、タンパク質とデンプンが別々に効率的に消化される理由です。

これは、病気の人、弱い人、消化が悪い人にとって重要です。健康な人は「食品の分離」にそれほど注意を払う必要はありません。豆と穀物はデンプンとタンパク質の自然な組み合わせです。

健康な人にとっては、食事と一緒に水分摂取を制限し、果物を別々に食べることが通常適切です

より効率的な消化のためのルール

  

  • ハーブ療法の飲み物が推奨されていない限り、牛乳を除いて食事と一緒に飲まないでください。これにより消化が弱まり、発酵(ガス)が発生します。
  • 食事時にあまりにも多くの液体を摂ると、消化酵素が希釈されます。例:洗濯機に適度な量の洗剤を少量の負荷で設定し、水位を低くすると、誰かが水位を上げすぎて、衣服がきれいにならない場合があります。洗濯するときに、白と色の服を混ぜないでください。デンプンやタンパク質についても同様です。
  • 軽い散歩でない限り、重い食事の後に運動しないでください。食事後数時間待って、他の形式の運動をするのが最善です。
  • セックスは食事の直前または直後には避けてください。
  • 食べながらテレビを見ないでください。
  • 喫煙は消化を妨げます。
  • 大量の食後すぐに寝ないでください。
  • 食前に食欲を刺激するには、少量のワイン(4オンス)が最適です。特にヴァータに適しています。
  • 通常、デザートは通常の食事とは別にスナックとして最適です。通常の食事と一緒に摂ると、デザートの甘さがタンパク質の消化を妨害します(腐敗を引き起こします)

体質別のルール

アーユルヴェーダでは、ヴァータ・ピッタ・カパの3つの体質ごとにケアするよ

ヴァータ:より頻繁に食べる必要があります。彼らの血糖値は簡単に低下し、彼らが食べ物なしで長期間行くのは良くありません。スナックは彼らにとって重要です。

ピッタ:定期的な固形食が必要です。彼らは一日の中で大量の食事を必要とし、彼らは一日に少なくとも三食を食べることが重要です。

カパ:1日に1、2回の食事で十分です。昼は最大の食事を、夜は軽食をとります。軽食は彼らにとって良くありません。


アーユルヴェーダ書籍

 

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!