本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

歯磨き粉は、すべての人の利用する最も基本的なパーソナルケアの1つです。毎日、人々は歯磨き粉を使って歯を磨きます。しかし、歯磨き粉やその他のパーソナルケア製品に含まれる化学物質について考えている人は多くありません。

ほとんどの人は、製造を信頼し、その人気のあるブランドを信じることに決めます。

顧客として、あなたはこの問題について考え始め、歯磨き粉の化学成分を読む必要があります。

歯磨き粉は、他のパーソナルケアおよび衛生製品と同様に、健康に悪影響を与える有害な化学物質を含んでいる可能性があります。歯磨き粉やその他のパーソナルケア製品に含まれる有害な化学物質は、人間にとって恐ろしい病気やその他の長期的な健康問題を引き起こす可能性があります。

この記事では、知っておくべき歯磨き粉に含まれる有害な化学物質について説明します。

歯磨き粉に含まれる有害化学物質リスト

トリクロサン

トリクロサンは、練り歯磨きに含まれる人気のある有害化学物質の1つです。

トリクロサンは、歯肉炎や歯垢と戦う能力を持つ抗菌化学物質です。研究は、トリクロサンが歯肉炎の問題を回避するのを助けることができるプラスの利益を持っていることを示しました。しかし、この化学物質は抗生物質耐性の問題や内分泌の問題とも関係があります。内分泌系の破壊は、癌(乳がん、精巣がん、卵巣がん、前立腺がん)、早熟な少女の思春期、乳児の低出生体重、男児の睾丸の問題などの健康問題を引き起こす可能性があるため、人間に深刻な影響を与える可能性があります。

この研究は、トリクロサンの効果を確認するために動物で実施されました。この化学物質がラットとマウスの胎児の骨の奇形を引き起こす可能性があることが示されました。これはまたホルモン効果につながる可能性があります。この研究はまた、トリクロサンが脳、心臓および他の人間の細胞のいくつかのシグナル伝達細胞を破壊することを含む他の潜在的なリスクを引き起こすかもしれないことを明らかにしました。別の研究は、トリクロサンが癌疾患と強い関係があることを示しました。トリクロサンは、乳がんの進行のリスクを高める可能性があります。米国には、製品へのトリクロサンの使用を禁止した州が1つあります。

歯磨き粉、化粧品、ハンドソープなどの多くの製品でトリクロサンの使用を見つけることができます。その中でも歯磨き粉は、トリクロサンが人間に最も影響を与える媒体です。米国での研究によると、トリクロサン化学物質を含む練り歯磨きで歯を磨いた人は、そうでない人よりも尿中のトリクロサン濃度が5倍高くなることが示されています。

Newsweek日本版

米国では2016年に石けんへの使用を禁止 日常的に使用される家庭用消費財に含まれ...…

ラウリル硫酸ナトリウムまたはSLS

ラウリル硫酸ナトリウムまたはSLSは、界面活性剤の化学物質のカテゴリーに含まれます。

界面活性剤自体は、練り歯磨きの発泡作用を機能させる化学物質です。ほとんどの練り歯磨きには、ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)、ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)、ラウレス硫酸ナトリウムなどの界面活性剤が含まれています。この化学物質は練り歯磨きに重要な役割を果たしますが、SLSには味覚能力にも欠点があります。 SLSは舌のリン脂質を破壊する可能性があります。

その効果は、本来よりも苦味を感じることです。これが、この種の歯磨き粉を使って歯を磨いた後、すべてが悪い味になる理由です。 SLSは、皮膚の炎症の問題や口内炎とも関係があります。ある研究によると、痛みの問題が繰り返し発生する人は、SLSフリーの歯磨き粉を使用することをお勧めします。

さらに、この化学物質の主な問題は、実際にはその製造プロセスにあります。 SLSは、発がん性物質である1,4ジオキサンに感染する可能性があります。 SLSの製造プロセスは、発がん性化合物を環境に放出する可能性もあります。 SLSが環境に感染すると、魚、甲殻類、昆虫などの海洋生物に毒性をもたらす可能性があります。 SLSは殺虫剤に含まれています。この種の化学物質は、環境に損傷を与えるリスクがあります。

人工甘味料

練り歯磨き製品でよく使用されるもう1つの化学物質は、人工甘味料です。

人工甘味料の人気のある例の1つはアスパルテームです。この化学物質には、アスパラギン酸とフェニルアラニンが含まれています。フェニルアラニンは、メチルを運ぶことができるように合成的に修飾された化合物です。これがアスパルテームの甘みの理由です。サッカリンNaも良く使用される人工甘味料の一つです。

フェニルアラニンメチルの化学結合は、メチルエステル結合と呼ばれます。この結合は非常に弱く、メチル基が切断されてメタノールの形を作る機会が与えられます。私たちが知っているように、メタノールは人体に有害な化学物質です。メタノールは果物や野菜に含まれていますが、それでもメタノールは人体に有害です。果物や野菜では、メタノールはペクチンと強い結合を持っているため、この化学物質が消化器系を通過することができます。練り歯磨きの場合、メタノールはアスパルテームでできており、何とも結合していません。そのため、人間は体内のメタノールを取り除くことができなくなります。

他の哺乳類の種とは異なり、人間はメタノールを無害な酸に分解することができません。これは、生物学的メカニズムを破壊する特定のメカニズムがないためです。私たちの体では、メチルアルコールは血管を通って脳のような敏感な領域に移動します。脳では、メタノールはその形をホルムアルデヒドに変えることができます。カタラーゼがないため、このホルムアルデヒドは人体組織に自由に損傷を与える可能性があります。メタノールに感染すると、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴りの問題、脱力感、めまい、しびれ、神経炎、その他の臓器の混乱などの症状が現れます。

フッ化物

私たちは、歯磨き粉に含まれる有害な化学物質の1つとしてフッ化物として広く知られています。

フッ化物は、虫歯の問題に関連しています。最近の研究に基づいて、フッ化物は実際に歯に有益な効果をもたらします。それは6ナノメートルの厚さで人間の歯にフルオロアパタイト層を形成することができます。

有益であると思われますが、このフルオロアパタイト層は非常に薄いため、専門家からその利点について質問されます。科学者たちは、この非常に薄い層が私たちのエナメルを保護し、利益をもたらすことができるかどうか本当に確信がありません。非常に薄い形状で、このフルオロアパタイト層は簡単な噛み合わせで簡単に取り除くことができます。フッ化物を含む練り歯磨きは、子供のフッ化物摂取量の最大の源です。この化学物質は、歯のフッ素症の問題の主な原因です。

これは、子供が口に入れる歯磨き粉を飲み込む傾向があるために起こります。フッ化物を飲み込むと、深刻な病気につながるため、健康に良くありません。フッ化物は、時間の経過とともに人間の組織に感染し、酵素を破壊し、神経疾患や内分泌疾患などの健康上の問題を引き起こす有毒な化学物質です。子供は歯磨き粉に含まれるこの有害な化学物質のリスクが最も高くなります。推奨事項として、子供にはフッ化物歯磨き粉の使用を避ける必要があります。大人の場合、フッ化物歯磨き粉の使用もお勧めできません。

関連記事

デトックスするためのいくつかの簡単で自然な方法は何かありますか? デトックス食品を摂るのが一番手軽にデトックスを行えます。ここにあなたの身体からそれらの毒素を追い出すのを助ける10のデトックス食品があります。 デトックス食品1[…]

プロピレングリコール

プロピレングリコールは、実際には、工業用グレードの塗料、エナメル、不凍液、飛行機の除氷剤に広く使用されている鉱油です。プロピレングリコールは医薬品グレードですが、練り歯磨きなどのパーソナルケア製品を含む多くの用途に使用されています。

練り歯磨きでは、この化学物質が界面活性剤として使用されます。前述のように、界面活性剤は練り歯磨きに泡を形成する役割を果たす化学物質です。この有害な化学物質は、皮膚、肺、目の炎症を引き起こすリスクがあります。この化学物質は、人間の臓器に有毒に感染する可能性があります。これはあなたが避けるべき歯磨き粉の有害な化学物質です。

ジエタノールアミンまたはDEA

ジエタノールアミンまたはDEAは、ホルモンかく乱物質として知られている化学物質です。この化学物質は、練り歯磨きを含む多くの発泡製品に含まれています。 DEAは、他の物質と反応して、N-ニトロソジエタノールアミンまたはNDEAと呼ばれる発がん性化合物を生成するリスクがあります。このNDEAは皮膚に感染し、胃、肝臓、膀胱、食道の癌などの恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。

EWG(Environmental Working Group)のスコアに基づいて、DEAは化粧品リストで10のスコアを持っています。これは、DEAの毒性スコアが最も高く、人間にとって非常に危険であることを意味します。人間の臓器を攻撃し、刺激や癌を引き起こす可能性のある有毒物質が含まれています。また、カリフォルニア環境保護庁によって発がん性の可能性があると記載されています。歯磨き粉に含まれるこの有害な化学物質を製品として選択することは、実際にはお勧めできません。

マイクロビーズ

マイクロビーズは、練り歯磨きに含まれる次の有害化学物質です。この化学物質は、ボディウォッシュ、フェイシャルスクラブ、歯磨き粉などの多くのパーソナルケア製品に含まれているツブツブの粒子です。環境に危険を及ぼす可能性があるのは小さなプラスチックペレットです。マイクロビーズに含まれる練り歯磨きを使用した後、この化学物質は排水システムを通過して廃水処理プラントに到達します。

吹田市江坂の歯医者・歯科|安岡デンタルオフィス

普段なにげなく使っているツブツブ入りの歯磨き粉。実は非常に危険な粒子が使用されているということは、ご存知でしょうか? 今…

このマイクロビーズは、水から毒素を吸収する可能性があります。そして、環境中で、この有毒なマイクロビーズは海洋生物を汚染する可能性があり、汚染された魚や他のシーフードを消費する人間にさらに感染します。マイクロビーズを含む練り歯磨きは、歯周病を引き起こす可能性があります。

確かに、歯磨き粉は私たちが毎日歯をきれいにするために使用する毎日の製品です。したがって、多くの練り歯磨きは有害な化学物質による化合物であり、口の臓器に欠点があり、健康上のリスクが高くなります。ただし、歯磨き粉製品の選択は常に賢明であり、自然なうがい薬とのバランスをとることができます。

関連記事

シャンプーは、私たちが昔から使っているパーソナルケア製品のひとつです。私たちの祖先は、今日の私たちと同じように、シャンプーを使って髪をきれいにし、その美しさを保ちました。現在、私たちが使用したシャンプー製品のほとんどには合成化学物質が含ま[…]

有害物質だらけの歯磨き粉を長年使用すると健康被害も心配されます。
完全な無添加歯磨き粉は高いですが、安心して使用できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やはたハミガキ120g・無添加歯磨き粉
価格:2200円(税込、送料別) (2021/11/7時点)


インド人はニームの木で歯を磨いています。


日本ではニームの木歯ブラシは販売していませんが、天然のハーブ薬草を使用した歯磨き粉も安全でしょう。


アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!