本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

シャンプーに含まれる有害な化学物質リスト

シャンプーは、私たちが昔から使っているパーソナルケア製品のひとつです。私たちの祖先は、今日の私たちと同じように、シャンプーを使って髪をきれいにし、その美しさを保ちました。現在、私たちが使用したシャンプー製品のほとんどには合成化学物質が含まれています。

工場は化学成分を含む多くの成分からシャンプーを作りました。化学物質とは、化学的に合成されて自然に発生しない成分、または自然に発生したとしても、その起源から取り出されて実験室で化学的に処理された成分を意味します。

以下に、シャンプーの製造に通常使用される化学工場のリストを示します。

シャンプーに含まれる有害な化学物質

ラウリル硫酸ナトリウムまたはラウレス硫酸ナトリウム(SLS)

一般的性質

シャンプーに含まれる化学物質の最初のリストは、ラウリル硫酸ナトリウムまたはラウレス硫酸ナトリウムです。

これは、石鹸や歯磨き粉など、シャンプー以外の多くのパーソナルケア製品に含まれています。

非常に効果的な発泡剤であるため、様々な日用品に使用されています。

危険性

SLSは私たちの目や皮膚に刺激を与えることが知られています。

他の調査結果は、SLSが動物に癌を引き起こす可能性があることを示唆しています。

SLSを含む一部の製品には、最大279ppmの1,4-ジオキサンが含まれていることが発見されました。

1,4-ジオキサンは潜在的な発がん性物質として発見されました。

言い換えれば、SLSは癌の発症に間接的に寄与する可能性があります。

コカミドプロピルベタイン( CAPB )

一般的性質

コカミドプロピルベタインは、ココナッツオイルとジメチルアミノプロピルアミンに由来する密接に関連した有機化合物の混合物です。

CAPBは粘性の薄い黄色の溶液として入手可能で、パーソナルケア製品の界面活性剤として使用されます。

危険性

コカミドプロピルベタインまたはCAPBの主な危険性は、皮膚や目に刺激を与える可能性があることです。

それに加えて、他の化合物と相互作用する場合、一部の人々にアレルギーを引き起こす可能性があります。

この化合物は、CAPBに関連する多数のアレルギー症例があるため、2004年に米国接触皮膚炎協会によって実際にアレルゲンオブザイヤーに選ばれました。

トリクロサン(TCS)

一般的性質

トリクロサンは、TCSとも呼ばれ、シャンプー、石鹸、洗剤などの多くのパーソナルケア製品で使用される抗菌および抗真菌剤です。

1960年代の開発以来、トリクロサンは抗菌剤として使用される主要な化学物質の1つとして使用されてきました。

ただし、2017年9月以降、細菌と戦う効果が低いため、FDA(アメリカ食品医薬品局)は使用を禁止しています。

危険性

トリクロサンは私たちの細胞に蓄積し、私たちの体を毒性の状態に保つことができます。

トリクロサンの主な危険性は、目、肺、皮膚に刺激を与える可能性があることです。

それに加えて、トリクロサンは私たちのホルモン活性を模倣することができ、結果として内分泌かく乱を引き起こす可能性があります。さらに、それはまた、臓器系の毒性を引き起こす可能性があります。

トリクロサンはバクテリアや真菌と戦う効果が低いため、抗生物質に対する免疫バクテリアの可能性を高める可能性があります。

言い換えれば、それはバクテリアが強くなるのを助け、ある程度私たちの免疫システムを生き残り、多くの健康問題を引き起こすことができるかもしれません。

ポリソルベート

一般的性質

ポリソルベートは、脂肪酸でエステル化されたエトキシル化ソルビタンに由来する乳化剤のクラスです。

この油性液体は、化粧品、食品加工、または医薬品に使用されます。

ポリソルベート80(主に化粧品)やポリソルベート60などのバリエーションがあります。

数字は、分子内で見つかったオキシエチレン基(-CH2CH2O-)の数を示しています。

ポリソルベートの主な用途は、香料やその他の油添加剤を溶解するための溶剤です。

危険性

ポリソルベートは、皮膚や頭皮に残留物を残す可能性があり、皮膚の自然なpHバランスを乱します。

それはまた私達の皮膚と頭皮の自然な保護バリアを破壊します。

ポリソルベートがどの程度私たちに損傷を与える可能性があるかについては議論の余地があります。

ポリソルベートは一部の人々に刺激を引き起こす可能性があることが示唆されています。

したがって、ポリソルベートの使用には注意が必要です。

ポリエチレングリコール(PEG)

一般的性質

ポリエチレングリコールまたは単にPEGは、ポリエーテルオキシド(PEO)またはポリオキシエチレン(POE)という別名を持つポリエーテル化合物です。

PEGは、医療から産業用途まで、さまざまな分野で使用されています。

医療分野では、医師は下剤、タンパク質医薬品、賦形剤などとしてPEGを使用します。

PEGは、シャンプー、コンディショナー、石鹸、歯磨き粉などのパーソナルケア製品の製造にも使用されます。

危険性

いくつかの研究は、PEGがその製造プロセスにおけるエトキシル化プロセスの副産物として発見された危険なダイオキシンレベルを含むことを示唆しています。

ダイオキシンは癌の発生に直接関係しています。

言い換えれば、PEGは癌の発生の増加に間接的に寄与する可能性があります。

ソルビン酸カリウム

一般的性質

ソルビン酸カリウムは、においのある白い結晶のように見えます。

さまざまなレベルの溶解度を持つ多くの溶媒に溶解します。

主にエタノールまたはプロピレングリコールに溶け、アセトンにわずかに溶け、クロロホルム、エーテルまたはコーン油に非常に溶けにくいが、ベンゼンには溶けません。

ソルビン酸カリウムは、工場や一般の人々が食品防腐剤として使用する合成化学物質です。

工場は、水酸化カリウムと呼ばれる別の化合物でソルビン酸を中和することによってそれを生成します。

ソルビン酸カリウムの他の用途には、シャンプーなどの個人用製品への適用が含まれます。

シャンプーでは、防腐剤としてソルビン酸カリウムが使用されています。

危険性

ソルビン酸カリウムの主な危険性は、皮膚の炎症と臓器への毒性です。

ソルビン酸カリウムに刺激がある場合は、ソルビン酸カリウムを避けた方がよいでしょう。

フェノキシエタノール

一般的性質

フェノキシエタノールは、化粧品から他の医薬品まで、さまざまな分野で使用されている防腐剤です。

また、香水固定剤、防虫剤、防腐剤などとしても使用されています。

そのIUPAC名は2-フェノキシエタノールです。

この無色の油性液体は、ほのかなバラのような香りがします。

ほとんどの場合、アルカリ、ジエチルエーテル、またはクロロホルム溶媒に可溶です。

これは、ウィリアムソン合成と呼ばれるプロセスによって生成されます。

危険性

いくつかの研究は、フェノキシエタノールが目、肺、または皮膚に刺激を引き起こす可能性があることを示唆しています。中枢神経系のシャットダウン、接触性皮膚炎、さらには嘔吐を引き起こす可能性さえあります。

パルミチン酸レチニル

一般的性質

パルミチン酸レチニルは、ビタミンAパルミテートとも呼ばれます。

ビタミンAとパルミチン酸のエステルです。

この油性で乾燥した化合物は、パルミチン酸Aまたは別のブランドのブランド名で市場で入手可能な一般的なビタミンサプリメントです。

この化合物は、乳脂肪の除去による天然ビタミンAの喪失により、天然ビタミンAの代わりに、低脂肪ミルクまたは他の乳製品の抗酸化剤およびビタミンAの供給源としても一般的に使用されます。

危険性

EWH(環境ワーキンググループ)とニューヨーク上院議員のチャックシューマーは、高用量のレチノールが実験動物のガンのスピードアップに関連しているという事実に注意を呼びかけました。

それに加えて、米国の国家毒性プログラムは、パルミチン酸レチニルの添加が腫瘍の頻度と割合を悪化させると結論付けました。

簡単に言えば、パルミチン酸レチニルは癌を引き起こす可能性のある発癌物質です。

パルミチン酸レチニルの他の危険性には、生殖毒性および臓器毒性が含まれる可能性があります。

ジメチコン ( PDMS )

一般的性質

ジメチコンは、一般にポリジメチルシロキサンまたはPDMSとして知られている化合物です。

この化合物は有機ケイ素のグループに属しています。

PDMSは、多くの分野で最も広く使用されているシリコーンです。

たとえば、PDMSの用途は、コンタクトレンズの製造、医療機器、エラストマー、およびシャンプーなどのパーソナルケア製品です。

髪にツヤとツルツル感を与えることができます。

ジメチコンは、塩酸とジメチルジクロロシランを用いた重合反応により製造されます。

この化学物質は粘弾性ですが、短い流動時間(低温)では、ゴムのような弾性固体のように機能します。

危険性

ジメチコンは、皮膚や頭皮が非常に乾燥する原因となる可能性があります。

場合によっては、皮膚、目、頭皮に刺激を与える可能性があります。

また、細菌、皮脂、不純物を閉じ込めるバリアを皮膚の外側に形成します。

環境にとって、それは環境に分解しにくい汚染物質になる可能性があります。

この化合物は、皮膚の炎症や敏感な皮膚などの生殖障害を引き起こす可能性があります。

塩化ベヘントリモニウム

一般的性質

BTAC-228またはドコシルトリメチルアンモニウムクロリドとも呼ばれる塩化ベヘントリモニウムは、第4級アンモニウム塩です。

消毒剤や帯電防止剤として広く使用されている有機化合物グループに属しています。

。黄色いワックスのような外観です。 BTAC-228は防腐剤としても使用されます。

危険性

塩化ベヘントリモニウムの潜在的な危険性は、刺激性の炎症です。

わずか0.1%の濃度で、目に損傷を与える可能性があります。

それはまた皮膚を刺激します。

香料(フレグランス)

フレグランスは、多くの化学物質から作ることができる化学的性質です。

化学薬品の香りはリンパ系を詰まらせるので危険です。

それに加えて、それはまた主要な臓器毒性を誘発する可能性があります。

極端な場合、内分泌かく乱を引き起こす可能性もあります。

内分泌かく乱は重大な健康問題を引き起こす可能性があります。

パラベン

この化学物質はヘアコンディショナーに最もよく使用されます

クオタニウム15

この化学物質はあなたに有害である可能性があり、皮膚アレルギーを引き起こす可能性があります。

化粧品などにも使用されています。

以上がシャンプーに含まれる化学物質のリストです。
これらの危険な化学物質に注意してください。
使用を避けられない場合は、その副作用に注意してください。

無添加と表示されているシャンプーであっても、成分をよく確認してください。
例えば、このDCMのシャンプーには大きく「無添加」と表示されていますが、有害なラウリル硫酸ナトリウムが含まれています。


一部無添加なのに、無添加を堂々とアピールするシャンプーには要注意ですね!

完全無添加シャンプーは、なかなか探すのは難しいですが、haru「kurokamiスカルプ」は、100%天然由来・10の無添加の完全無添加(シリコン・合成ポリマー・カチオン界面活性剤・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸 収剤・合成防腐剤・合成保存料無添加)なので、安心して使えます。

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!