本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

葬られた「第二のマクガバン報告」(上) / T・コリン・キャンベル、トーマス・M・キャンベル、松田麻美子 訳

「特定の栄養素だけで健康になれる」という幻想

科学者は、ある特定の栄養素についてだけ集中的に研究し、その効果だけに期待をかける。
あまりにも単純に捉えすぎ、栄養に関するはかりしれない複雑性を無視している。

正しく食べることことが、あなたの命を救う。

発ガン物質をコントロールするもの
癌の発症が確認された後でも、低タンパクの食事はそれに続いて生じる癌の増殖を劇的に阻止した。

牛乳のガセインは絶えず癌の発生・増殖を強力に促進させる。

良質なタンパク=健康に良いという大いなる誤解

低質の植物性タンパク質は、1つかそれ以上の必須アミノ酸の量が十分でないかもしれないが、植物性食品群全体としては、必須アミノ酸の全てを含んでいる。

低質の植物性タンパク質こそ最もヘルシーなタンパク質である。

関連記事

マクロビオティック食は、ジョージオオサワと呼ばれる日本の哲学者によって最初に開発されました。彼は、食事や運動から瞑想まで、さらには特定の食品の「陰と陽」のエネルギーまで、多くのライフスタイルの側面を組み込んだ健康への全体的な体系作り、マク[…]

癌はこうして作られる

イニシエーション(形成開始期)

きっかけは発ガン物質

プロモーション(促進期)

成長は食べ物次第
促進期はイニシエーション(形成開始期)よりずっと長く、人間の場合だとたいてい何年もかかる。
この時期は癌細胞が増殖し、次第に大きな塊に成長し、目に見える腫瘍が形成されるときである。
プロモーションは、初期の癌が成長に最適な条件を与えられたかどうかによって、停止(休眠状態)にさせることができる。


食事が重要になるのはこの時である。
食事因子はプロモーター(促進物質)とアンチ・プロモーター(抗促進物質)があり、

プロモーターがアンチ・プロモーターより数で優ると癌の増殖が活発になる。
アンチ・プロモーターがプロモーターより数で優ると癌の増殖がゆっくりになる。
一方が押すと他方が引くような関係。

プログレッション(進行期)

致命的なダメージの始まり
進行した癌細胞群が体に決定的なダメージを与えるくらいまで癌の増殖が進行したときに始まる。
最初にあったところから抜け出してさまよっているときの状態が「転移している」ということになる。
これは癌の最終形態で死に至る結果となる。

  1. アラフトキシン(発ガン物質)が細胞に侵入
  2. アラフトキシンが酵素によって代謝される
  3. 危険な物質(AF)が形成される
  4. その物質が細胞のDNAを攻撃する
  5. 損傷したほとんどのDNAは修復されるが、損傷が大きい場合、修復より先に細胞が増殖し、永久にダメージを受けた癌細胞が生まれる
関連記事

私はガンで祖父、祖母、父親を亡くしました。それ以来、「人はなぜ病気になるのか?」「ガンを予防する方法はないか」を考えてきました。 マクロビオティックやアーユルヴェーダ、中医学、食養、予防医学などを研究してきて分かったことは、ガン予防[…]

関連記事

日本人の約3人に1人ががんで亡くなっています。 これは、日本人の死因の中で最も多かったのはがん(悪性新生物)であるということです。    出典:厚生労働省ホームページ 主な死因の構成割合(2018年)   […]

低タンパクの摂取は、酵素活動を著しく低下させ、危険な発ガン物質のDNAへの結合を妨げる。

「病巣の成長」は、アフラトキシンの摂取量とは関係なく、ほぼ完全にタンパク質の摂取量に深く関わっている。

アフラトキシン類

アフラトキシン類は、穀類、落花生、ナッツ類、とうもろこし、乾燥果実などに寄生するアスペルギルス属(Aspergillus, コウジカビ)の一部のかびが産生するかび毒であり、食品から検出される主要なものに4種類(B1、B2、G1、G2)あります。また、アフラトキシンM1、M2の2種類は、動物の体内でそれぞれ飼料中のアフラトキシンB1、B2が代謝されて生成し、乳中に含まれることが知られています。

関連記事

ローフードダイエットは1800年代から存在していましたが、近年人気が急上昇しています。 その支持者は、主に生の食品を摂取することは人間の健康にとって理想的であり、減量や全体的な健康の改善など、多くの利点があると信じています。 […]


「病巣の成長」は、動物がその体の成長に必要な食事タンパク質の量を満たしたときか、その量を超えたときに開始される。

植物性タンパク質では、たとえ高レベルの量を摂取したとしても、癌の増殖を促進するようなことはなかった。


食物繊維は植物性食品の中だけに含まれている。
食物繊維をたくさんとれば、コレステロールは減っていく。

関連記事

コレステロールはあなたの血液に含まれる脂肪性物質です。善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)として知られている2つの主要なタイプがあります。 「悪玉コレステロール」のレベルを下げるには、5つの食品グループからさま[…]

関連記事

脂質異常症の概要 コレステロールはあなたの血中にあるワックス状の物質です。あなたの体は健康な細胞を作るためにコレステロールを必要としますが、高レベルのコレステロールは心臓病のリスクを高める可能性があります。 高[…]

植物の大きな特徴の1つは、その鮮やかな色にある。
果物や野菜の色は、抗酸化物質と呼ばれる様々な化学物質(フォトケミカル類)から来ている。
フォトケミカルは、ほぼ植物の中だけに存在する。
人間は自分自身で抗酸化物質を製造することはできないので、植物の中の抗酸化物質を取り入れる必要がある。

関連記事

低グリセミック(低GI)ダイエットは、グリセミック指数(GI)の概念に基づいています。 研究によると、低GI食は体重減少をもたらし、血糖値を下げ、心臓病や2型糖尿病のリスクを低下させる可能性があります。 しかし、食品のランク付[…]

関連記事

マキベリー(Aristotelia chilensis)は、南アメリカで自生するエキゾチックな濃い紫色の果実です。これは主に、何千年もの間葉、茎、果実を薬用に使用してきたチリのマプチェ族インディアンによって収穫されています。 今日、[…]

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!