本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

【アーユルヴェーダ】音楽療法

アーユルヴェーダでは音楽は重要なものと考えられています。

音は、健康と体のエネルギーのバランスをとるための基礎です。
音楽の特定のリズムは心身に影響します。

単なる「気分転換」をはるかに超えた効果を与えてくれます。

楽器とその振動

ドラム

非常に活気があり、血液と神経系を刺激します。ドラムは活力を与えてくれます。

バイオリン

脾臓、肝臓、胆嚢、すべての活力を刺激します。ゆっくりと演奏すると効果があります。しかし誰もがこの楽器を演奏できるわけではありません。下手な演奏はストレスを誘発し悪化します。

ハープ

ハープはチャクラを開き、他の次元に連れて行きます。それは精神を開き、心を浄化します。 (ハープを弾く人は天使の声が聞こえ始めるそうです。)
精神的ストレスを解消し、新しい理解への扉を開きます。

ギター

クラシカルなギターは、消化器系と結腸に活力を与え刺激します。

ピアノ

全身をリラックスさせて強化します。

その他の楽器

神経系を刺激します。

まとめ

基本的な理論は、音楽はエネルギーとして、個人のエネルギー体に作用し、振動言語である母国語をさまざまな臓器やシステムに働きかけ、身体を自分の完璧な状態に物理的に整列させ、同調させるのに役立ちます。

 

 

緊張した環境では食品を適切に消化できません。

音楽により臓器が刺激されると消化が良くなることがあります。

チベット、モロッコ、アフリカおよび他の多くの文化は、悪霊を追い払うために音楽を使用しました。

   

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!