本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

【マクロビオティック】病気を改善するための食事療法

主に極端な陰陽の要因から生じる病気、状態、または障害についての食事ガイドラインについて説明します。


気候、環境、年齢、性別、活動レベル、個人の状態とニーズ、およびその他の要因に応じて、個人ごとに少し調整する必要がある場合があります。
また、特定の条件または疾患ごとにさらなる変更が必要になる場合があります。
油、果物、ナッツ、種子、お菓子などの補助食品の使用は、特定の条件によって大幅に異なる場合があります。

中等度から重度の場合は、この食事療法を3~4か月または状態が改善するまで続けます。

マクロビオティックの食事方法

  1. 砂糖、チョコレート、蜂蜜、その他の濃縮甘味料を含む、極端な陰の食べ物や飲み物はすべて避けてください。牛乳、バター、クリーム、アイスクリーム、ヨーグルト、およびその他の軽い乳製品。白米、白粉、および他の磨かれたまたは精製された穀物;過剰な果物とジュース;トマト、ジャガイモ、ピーマンなどの熱帯由来の食品。ハーブやスパイス;コーヒー、紅茶、およびその他の刺激物;アルコール;そして薬物と薬物療法は避けてください。

  2. 牛肉、豚肉、羊肉、鶏肉、七面鳥、卵、塩チーズ、マグロ、サーモン、貝類、その他の肉、家禽、シーフードを含むすべての極端な陽性な動物食品を避けてください。

  3. パン、クラッカー、クッキー、ペストリーなどのすべての固く焼いた小麦粉製品は、週に1~2回、酵母がなく、甘くない全粒サワー種パンを時折消費することを除いて、避けるか減らします。深刻なケースでは、サワー種のパンでさえ、状態が改善するまで数か月間完全に回避する必要があるかもしれません。

  4. 化学的に処理され、照射され、遺伝子組み換えされた、およびその他の人工的に製造および処理された食品および飲料を排除する。特に全粒穀物、豆、豆製品、野菜、果物、油、その他の調味料、調味料には、できるだけ有機栽培の食品を使用してください。

  5. 電気コンロまたは電子レンジで調理された食品を避けるか制限します。ガス、木材、またはその他の自然炎を使用して、できるだけ多くの食品を準備します。

  6. 特に明記されていない限り、良質の植物油であっても、1~2か月間油を最小限に抑え、ごま油を週に1~2回、少量のごま油だけを調理に使用します。

  7. 生のサラダは、状態が改善するまで1か月以上一時的に避けてください。

  8. アイスキューブと一緒に提供されるすべての冷たい食べ物や飲み物を避けます。

  9. 一般に、陰の状態での調理は通常よりも少し強く、調理には海塩、味噌、または醤油をもう少し使用します。

  10. 食事の主な部分として、全粒穀物を丸ごと食べます。 1日の消費量の50~60%は、全粒穀物または全粒穀物製品で構成する必要があります。初日は、加圧調理した短粒玄米を用意します。翌日、玄米を20~30%のキビと一緒に同じ鍋で圧力調理します。 3日目は大麦20~30%と玄米を用意します。4日目は20~30%の小豆またはレンズ豆を入れた玄米を用意します。五日目はまた玄米を用意します。このパターンを繰り返します。

    圧力調理では、穀物と水の比率は約1:2であるべきです。調味料は切手の大きさの昆布で調理しますが、人の状態によっては海塩を使用する場合もあります。オート麦は最初の1か月間は避けるべきですが、他の穀物も時々使用され、単独で、または玄米と一緒に調理されます。全粒小麦のベリー、ライ麦、トウモロコシ、全麦などがあります。ソバとセイタンは非常に強化に、かつゆるやかに陽性に誘導してくれるので、場合によっては役立ちます。他の陽性食品では、急速な陽性への放電を引き起こす可能性があるため、回避または最小化する必要があります。

    上質なサワー種のパンは、できれば蒸し焼きで週に2~3回食べることができますが、状態が改善するまで1か月以上は避ける必要がある場合もあります。うどんとそば、または他の全粒麺やパスタは、週に2~3回服用できます。クッキー、ケーキ、パイ、クラッカー、マフィン、ペストリーなど、状態が改善するまですべてのハードベーキングされた製品は避けてください。ブルガー、クスクス、オートミール、ライ麦フレーク、膨化穀物などのひびの入った、または加工された穀物は、状況が改善するまで回避または制限してください。

  11. 毎日1~2サーブのスープを食べ、毎日の食事の約5~10%を占めます。主なスープは、ワカメとタマネギ、ニンジン、または他の陸上野菜を一緒に調理し、味噌と時々醤油で味付けする必要があります。少量のしいたけを週に数回スープに加えることができます。味噌は、大麦味噌、玄米味噌、大豆味噌のいずれかで、自然熟成は2~3年が理想である。

    穀物スープ、豆のスープ、野菜スープ(特に甘い野菜で作ったもの)、およびその他のスープは時々取られることがあります。スープの味は通常より少し強いかもしれませんが、塩味は避けてください。週に数回、力強さと活力のためにキンピラスープが飲まれることがあります。

  12. 毎日の食品の25~30%は、さまざまな方法で調理した野菜として摂取する必要があります。コラード、ケール、カブのグリーンなどの硬い緑の葉野菜、カボチャ、タマネギ、キャベツなどの甘い丸い野菜、ニンジン、ゴボウなどの根菜など、すべての温帯気候タイプを毎日摂取できます。生のサラダとドレッシングは避けてください。蒸し野菜、週に5~7回。野菜のソテー、最初の1か月は油の代わりに水を使用し、時々(週に2~3回)少量のごま油をフライパンに塗ります。キンピラスタイル(マッチスティック)を水でソテーし、2/3カップを週2回ソテーします。その後、1か月後に油をフライパンにブラシで塗ります。週に2回、野菜と一緒に豆腐、豆腐、テンペ、またはセイタンを乾燥させます。特別な副菜として、週に数回、野菜鍋(野菜を軽く煮込んだもの、家庭で調理した野菜、豆腐、テンペ、餅など)を数回食べることがあります。

  13. 1日の摂取量の5%は、小豆、レンズ豆、ひよこ豆、黒大豆などの豆として、昆布や他の海の野菜と一緒に、または少量のタマネギとニンジンと一緒に調理されます。他の豆は時々、月に2~3回使用されることがあります。調味料には、少量の清澄海塩、醤油、味噌などが使えます。テンペ、納豆、豆腐の乾燥または調理などの豆製品は、時々使用されますが、適量です。なるべくやわらかい豆腐ではなくしっかりと使用してください。

  14. 毎日の摂取量の2パーセント以下は、通常よりも調理時間が少し長く、味が濃い海の野菜を摂ります。これには、穀物、スープ、その他の料理を調理する際に毎日食べるワカメと昆布が含まれます。トーストした海苔のシートまたはハーフシートも毎日取ることができます。ひじきやあらめの小皿は週2回くらい用意します。他のすべての海の野菜はオプションです。

  15. テーブルで利用できる調味料には、ゴマ塩、昆布、わかめ、梅干があり、これらの調味料は、穀物や野菜に毎日使用することができます。量は、個々の食欲と味に合うように適度である必要があります。

  16. 家庭でさまざまな方法で作られた漬物は、少量の(大さじ1杯)で毎日食べる必要があります。長時間の強い漬物に少し重点を置いてくださ(ただし、塩が多すぎないように十分に洗い流してください)

  17. 動物性食品は避けてください。ただし、白身の魚は、週に1回、または渇望している場合は少量で2週間食べることがあります。魚は蒸し、ゆで、またはポーチドレッシングで調理し、消化を促進するために、すりおろした大根または生姜を添えてください。 2か月後、魚は週に1~2回食べることができ、時々、他の調理スタイル(焼き、グリル、ベーキングなど)で調理することができます。状態が改善するまで、マグロ、サーモン、その他の青肉、赤身の魚、すべての貝を完全に避けてください。

  18. 特に明記されていない限り、状態が改善するまで、温帯気候とトロピカルフルーツを含む果物とジュースはできるだけ避けてください。渇望が生じた場合は、少量のドライフルーツまたは温かい気候の果物、特にリンゴを塩を少し入れたものを摂取することがあります。高濃度の単糖を含むレーズンは避けてください。

  19. 一般に、状態が良くなるまで、良質なデザートを含むすべてのデザートとスイーツを避けるか制限します。少量の砂糖、チョコレート、イナゴマメ、蜂蜜、メープルシロップ、または豆乳でも、過度に拡大した状態を悪化させ、新しい症状を引き起こす可能性があります。甘いものへの欲求を満たすために、料理では毎日甘い野菜を使い、甘い野菜飲料を飲み、甘い野菜ジャムを用意してください。餅、おにぎり、寿司、その他の穀物ベースのおやつは定期的に食べることができます。餅、ポップコーン、およびその他の乾燥または焼きたてのスナックは、締め付けを引き起こす可能性があるため、最小限に抑える必要があります。次のような穀物ベースの甘味料の少量渇望の場合は、甘酒、大麦麦芽、玄米シロップを服用することがあります。

  20. 複雑な炭水化物が多い栗を除いて、状態が改善するまで、脂肪とタンパク質の含有量が多いため、ナッツとナッツバターおよびシードバターは避けてください。スカッシュの種やカボチャの種などの無塩、軽く湯通しした、ゆでた、または焙煎した種は、1週間あたり1カップまで、スナックとして消費できます。回復が見られるまで、夏または暑い気候を除いて、ヒマワリと大きな種子は避けてください。

  21. 不要な喉の渇きやお菓子への渇望を避けるため、海苔、醤油、味噌などの調味料を適度に使います。食後や食間に喉が渇いた場合は、これらの調味料を減らしてください。みりん(甘い料理のワイン)とニンニクは避けてください。炎症がある場合は、生姜、西洋わさび、梅干し酢、玄米酢は症状が改善するまで避けてください。

  22. 主飲料として番茶小枝茶を飲む。すべての芳香性の刺激的な飲み物を厳格に避け、最初の2~3か月間は穀物コーヒーを飲まないでください。良質の泉水、井戸水、またはろ過水を使用し、化学化された水道水、蒸留水、炭酸水またはミネラルウォーターを避けてください(社会的な機会の飲料としても)。オオムギやライスティーなど、他の伝統的な非刺激性飲料を摂取することもできます。 1週間に1~2カップの新鮮なにんじんジュースまたはその他の野菜ジュースを服用できます。

  23. 一口あたり少なくとも50回、できれば100回、非常によく噛んでください。

  24. 食べ過ぎや飲み過ぎは避けてください。

  25. 深夜のスナックや、就寝後3時間以内の食事は避けてください。

 

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!