本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

コロナウイルス対策:髪をより頻繁に洗う

コロナウイルス/ COVID-19が私たちの生活の一部になるにつれて、私たちは皆、自分自身を安全に保ち、害を与えないようにするための予防策を講じる方法を学んでいます。

もちろん、私たちは今、頻繁に手を洗い、顔に触れないようにするのが最善であることを知っています。しかし、私たちの髪についてはあまり気にかけていないようです。

 

私たちの多くは自宅でリモートワークをしている、または社会的接触を制限していますが、自分自身を完全に隔離することは難しく、ウィルスさらされる可能性があります。

注意深い人達は、慎重になりながら、コロナ対策に取り組んでいますが、本能的に考えられないことがあります。

コロナウイルスの衛生対策するときに髪の毛も考慮する必要があるいくつかの例を示します。

1. ジムとフィットネスクラブ

ほとんどが清掃とメンテナンスを強化し、機械とマットに消毒剤を提供しています。しかし、マットの上に横になってストレッチしたり、機械を使ったりしているかもしれません。マットが完全かつ適切に消毒されていない場合、ウイルスは私たちの手と同じように髪に伝染する可能性があります。私たちは髪の毛が1日の間、何に触れているかをよく考えません。家に着いたときに髪を洗わないと、理論的にはウイルスが家の椅子、ソファー、枕に伝染する可能性があります。

2. Uber、Lyft、およびタクシー

私たちが目的地に向かっていることを知っているので、ライドシェアやタクシーに乗ることは常に安心です。ヘッドレストに頭を乗せていると思いますが、ヘッドレストに何が残っているかはあまり考慮されません。家に着いたときに髪の毛に対処しないと、理論的にはウイルスが家の椅子、ソファー、枕に伝染する可能性があります。

3. 公共交通機関

ほとんどの市のバス、地下鉄、フェリーは、コロナウイルスと戦うために安全性と清潔さを強化するための対策を講じており、ほとんどの都市は、公共システムをより頻繁に掃除しています。

しかし、上記のタクシーやライドシェアに乗るのと同じように、髪が何に触れるかを考えることはせず、髪が家に不要な汚染物質をもたらす可能性があります。

私たちは1時間に平均23回顔に触れており、公共の状況ではそうするのをやめ、頻繁に手を洗う必要があることを理解しています。

まとめ

髪に触れる頻度についてはそれほど多くのデータはありませんが、1日中これを行っていること、そして清潔でない髪に誤って触れる可能性があるでしょう。

外出先から帰宅したら、手を洗うと同時に髪も洗うと、コロナ対策としてより効果が高いでしょう。

硫酸塩やパラベンを含まない良いシャンプーを使用している限り、そして徹底的にすすいでいる限り、問題はありません。

実際、良いシャンプーを使用している場合は、髪(そして最も重要なのは頭皮)をより頻繁に洗うことをお勧めします。

頭皮を泡で洗う新感覚のオールインワンスカルプシャンプー【LUXE】

アンケートモニタになってお小遣い稼ぎ☆【マクロミル新規モニタ募集】

☆アンケートに答えるだけで、お小遣いが貯まる!
マクロミルは、企業やメディアからの依頼を受け、 アンケートの回答を モニタの皆様にお願いしている、 ネットリサーチの国内最大手企業です。 「アプリ」「スマートフォン」「PC」で、いつでも・どこでも回答いただけます。

【Point1】業界No.1のアンケート数 → だからポイントが貯まる♪
【Point2】1ポイント=1円、振込手数料ゼロ
【Point3】現金に交換できる!他、ポイント交換先も豊富(T-POINT、Amazon ギフト券、仮想通貨ビットコイン 等)
【Point4】万全のセキュリティ体制モニタさんの情報もポイントも守ります!
【Point5】回答が世の中の役に立つ

やることは、ポチポチとアンケートに回答するだけ!
自分の意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです!

☆新規登録キャンペーン実施中!  
最大1000Pがいきなり当たるチャンス!
新規に登録していただいた方は、ハズレなしの最大1000ポイントが当たるスクラッチゲームキャンペーンに参加できます!

最新情報をチェックしよう!