本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

加齢により、目もと・目尻の小ジワが気になってきますよね。今回はそんな小ジワのケアについてまとめてみました。

目もとの小ジワの原因

多くの人が、目もとの小ジワは乾燥が原因と思い込んでいるようです。
そのため、クリームなどを塗り込んでしまうのですが、それではシワ対策にはなりません。

目もとの皮膚は薄いので、 引っ張ったりこすったりすると、それだけで皮膚が伸びてシワが深くなる危険性があります。

アイラインを引くときやアイクリームを塗るとき など、くれぐれも引っ張らないように注意しましょう。目をこする癖が ある人も要注意です。

シワは、コラーゲンやエラスチンの変性・減少が原因なので、それらに働きかける成分を使わなければシワ対策にはなりません。

クリームによるケア

レチノールを含むクリームなどを使うのが一番効果的で、目もと専用のクリームであるEYEXIAなどは目元の小ジワやハリ・うるおい不足を解消してくれます。

しかし、シワが重度の場合、何年も、何十年もかけて傷んでいったコラーゲンを復活させることは、容易ではありません。その場合、ホームケアでは、シワ を「消す」ことでなく「進行させない」 ことに注力し、根本的改善は美容皮 膚科などで相談しましょう。

  

美容皮膚科

出典:湘南美容外科

美容皮膚科では、レチノールよりも強めのレチノイン酸のクリームを塗る、ピーリングを受ける、 ボツリヌス注射を受けるなどの治療方法があり、シワを消すことも不可 能ではありません。

「目もとの皮膚は薄くて弱いから、 治療を受けるのが心配」という人が よくいますが、実際は逆です。

目もとの皮膚は薄いので、ピーリングな どの治療効果が出やすく、注 射などの処置をした際も、効果がはっきり表れ、治りも早いのが目元の皮膚の特徴です。

ピーリングは自宅で行うことも可能です。

まとめ

老化は目元から始まります。まぶたのたるみや目の下のくま、目尻のシワなどは一気に老けた印象を与えてしまいます。逆に、目元のケアをしっかりしていれば、若々しい印象を与えることができます。

私も一通りの美容皮膚科のメニューは経験しており、美容外科・美容皮膚科は費用はかかりますが、5~10年若々しくなれるなら自己投資として申し分ないでしょう。

私は品川美容外科・品川スキンクリニック、湘南美容外科をメインに使っています。

 

美容整形


食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!