本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

ジューサーとミキサーはどちらを使うべき?

新鮮なコールドプレスジュースを飲むことは、体を浄化するための一般的な方法だと聞いたことがあると思います。しかし、特に血糖値を監視している私たちにとって、これらの人気のある飲み物を消費する正しい方法と間違った方法があるようです。

ジューサー or ミキサー

最近では、ホールスロージューサーといって、低速回転で石臼のように圧力をかけて、ゆっくりとすり潰し搾汁するジューサーもあります。 刃が無いので摩擦熱が発生せず、栄養素の損失を抑えることができ、野菜や果物をそのまま食べるよりも 栄養素の体内吸収が3.8倍速くなりますので、効果的に栄養素を摂取することができます。また、 素材本来の味と香り、栄養素をギュッと凝縮したコールドプレスジュースやスムージーが楽しめます。また、ジューサー、スムージーメーカーの機能を両方備えた【kuvings(クビンス)】であれば、どちらでも対応可能です。

ジュースクレンズや美容、ダイエット、野菜や果物不足など生活習慣の乱れが気になる方、 いつまでも若々しくサビない健康的な毎日を送りたい方におすすめです。

ミキサーは繊維もすべて粉砕するため、ハイパワーのものを選ぶとよいでしょう。ミキサーは安いものだと数千円からありますが、性能があまりよくないため、信頼できるメーカーである程度の価格のものがオススメです。デロンギの【ブラウン パワーブレンド3 ブレンダー】は価格も手ごろで高性能のミキサーです。

デロンギ社は100年の歴史があり、日本で40年の販売実績があります。 本社はイタリア北部のトレヴィーソという地方都市にあり、製品への信頼度が高いブランドとなります。

ジュースは、内側と外側の両方に瞬時にエネルギーを与え、アルカリ化し、デトックスし、若返らせる能力で有名になりましたが、繊維がマシンに残されていると、ジュースの糖度が高くなり、すぐに血流に入り、血糖値の急上昇を引き起こします。ジューサーからのジュースは消化を必要としないので、ビタミン、ミネラル、酵素、砂糖はすぐに体内で使用できます。ただし、絞り切った繊維を料理やスープなどに活用することで繊維不足を解消できます。

強力なミキサーでジュースをブレンドすると、果物や野菜が粉砕されるため、ブレンドする食品に繊維が保持されるという利点があります。また、繊維を消化する必要があるため、血糖値の急上昇が少なく、果糖の吸収が遅くなります。ミックスに少量の水を加える必要があるかもしれません、そしてあなたは健康的な飲み物を作るためにチアや亜麻仁のような他の健康的な成分を加えることができます。

繊維はなぜ重要なのか

可溶性繊維と不溶性繊維の違い

水溶性食物繊維は、血糖値(糖分)の抑制とコレステロールの低下を助ける軟質繊維です。また、下痢の管理にも役立ちます。水溶性食物繊維は、オートブラン、オートミール、マメ科植物(乾燥豆とレンズ豆)、リンゴやイチゴなどの果物に含まれています。

不溶性繊維は、便秘を防ぐのに役立つかさばる繊維です。また、ある種の癌の予防にも役立ちます。小麦ふすま、全粒粉パンやシリアル、果物や野菜に含まれています。多くの食品には、可溶性繊維と不溶性繊維の両方が含まれています。

緑とほとんどの野菜ジュースは、有益な栄養素と抗酸化物質であなたを満たします。しかし注意してください。ほとんどのフルーツジュースは糖分が非常に高いため、血糖値とインスリンレベルが急上昇し、脂肪の蓄積が増加します。果物はたくさんの抗酸化物質と有益な酵素を提供しますが、それらは繊維と一緒に丸ごと食べるのが最善なので、おそらくブレンドが最善です。例外は、時折青リンゴやキウイを使用して、より苦い緑の飲み物を甘くすることです。青リンゴは糖分が比較的少ないです。

野菜ジュースは、食事の伴奏として、または食事の合間に使用する必要がありますが(午後のエネルギーを大幅に高めることができます)、野菜全体の繊維が必要であることを忘れないでください。

生のキャベツ、コラード、チンゲン菜、ケール、ブロッコリーは、ガスや膨満感を引き起こす可能性があるため、ジュースを飲まないようにすることをお勧めします。これらの野菜は、調理したり軽く蒸したりすると、素晴らしい健康効果があります。

ジュースに最適な野菜には次のものがあります。

  1. きゅうり、優れたクレンザー、肌の健康に良い。
  2. セロリ、抗炎症およびアルカリ化;血圧を下げるとも言われています。
  3. ビート、スーパー肝臓クレンザー、そして素晴らしい菜食主義の鉄源。
  4. ベータカロチンが豊富で、視力に有益なニンジン、そして優れた肝臓/胆嚢クレンザー。にんじんジュースは糖分も多いので注意してください。
  5. ほうれん草(たまに)、鉄分が多く、非常にアルカリ性で、肌の健康に最適です
  6. ウィートグラス、全体的に優れた解毒剤であり、アルカリ性でもあります。
  7. 消化に優れたフェンネルは、膨満感を軽減します。甘草のような味わい。
  8. ハーブも素晴らしいです。パセリ、コリアンダー(重金属のキレート化に役立ちます)、生姜(消化とクレンジングに適しています)を使用してください。免疫力に優れているので、勇気があるなら生にんにくを入れてください。

 

ジュースを選ぶときは、自分で作るか、低温殺菌せずに購入してください。低温殺菌プロセスからの熱は、生ジュースが提供する有益な酵素を殺します。

 

ジュースレシピ

デトックスジュース

ビートルーツ1本

にんじん2本

青リンゴ1個

親指サイズの生姜1個

オプション:1束のパセリおよび/または大さじ1のスピルリナ/クロレラブレンド

アルカリ化ジュース

セロリ2本

きゅうり1個

青リンゴ1個

にんじん1本

一握りのほうれん草

オプション:1/2束のパセリまたはコリアンダー

スタンダードジュース

セロリ2本

赤ピーマン1個

1/2束のパセリまたはコリアンダー

にんじん1本

ゅうり1/2

1/2フェンネルバルブ

一握りのほうれん草

ライムを絞る(完成したジュースに)

オプション:ニンニク、クローブ

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!