本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

コロナウイルスに対する強靭な免疫力を手に入れる

春は、自然と調和する理想的な時期です。夏はエネルギーが最も高まる時期です。私たちは太陽と新鮮な空気の外にいる必要があります。社会的相互作用も必要です。公園、ビーチ、ハイキング、キャンプに行く時間です。

しかし、私たちはコロナによって隔離され、監視されています。これは、あるシーズンに行うことができず、次のシーズンに影響を与えるので心配です。

一般に、健康な人や若者は無症状であるか、コロナウイルスによる深刻な影響を受けていません。ただし、自粛で家に閉じこもってばかりいると免疫力が弱まり、全員がより大きなリスクにさらされます。

このロックダウンにより、感染者の数を一時的に抑えることができます。しかし、COVID-19やインフルエンザの別の波が年末に発生すると、社会的な孤立と制限された太陽と自然への曝露から、すべての人の健康と免疫力が弱まるため、必要以上に深刻になります。

社会的孤立からの離脱

既往症のある人は自分を守る必要があります。さらに、コロナウイルスの蔓延を防ぐために、安全な習慣を実践することができます。

従うべきCDC予防措置は次のとおりです。

  • 目、鼻、口には触れないでください
  • 気分が悪い、または気分が悪い場合は、家にいる
  • 頻繁に触れる物体や表面をきれいにし、消毒する
  • 手を洗う
  • 気分が悪くなる場合はフェイスマスクを着用する

そうは言っても、私たちは社会的孤立から以前の通常状態への移行を開始する必要があり、社会的孤立はすぐに段階的に廃止する必要があります。

ワクチンが完成するまで待つべきではありません。 2002-2004年に、SARS-CoV-1のワクチンを作成することに成功しませんでした。COVID-19(SARS-CoV-2)のワクチンを迅速に追跡することは非常に危険であり、効果は最小限であり、潜在的に善よりも多くの害をもたらす可能性があります。

今最も必要なのは、ワクチンではありません。

多くの人は過度な自粛をしたりマスクをすることに余念がないですが、自己の免疫力こそ最も注力すべきことなのです。

頼れるのは自分の免疫力のみ

自然免疫

健康・免疫力は本当に効果的で持続的な予防手段であり、ワクチンではありません。症例の90%以上で、既往症のある人が最も苦しんでいる人です。

健康的な食生活を送る人々は、コロナウイルスや他の病気にかかる可能性を減らします。 T. Collin Campbell、PhDの研究によると、Macrobioticsなどの全食品、植物ベースの食事はウイルスを不活性化します。これは、ウイルスに感染できないことを意味するのではなく、体が自然にウイルスに対処し、免疫力を強化できることを意味します。

健康な人は、時に軽度のインフルエンザのケースにかかることがあります。しかし、それはCOVID-19と同じです。そのため、私の推奨事項は、食事とライフスタイルを通じて自然に健康と免疫を強化することに向けられています。

食事とライフスタイルだけで免疫力は高められます

  

免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類の免疫システムで健康を維持しています。「自然免疫」は、原始的な免疫システムで、マクロファージや好中球といった自然免疫担当細胞が、病原菌やがん細胞を食べて消化して排除します。これを貪食(どんしょく)といいます。一方「獲得免疫」は、進化した動物で見られる免疫システムで、T細胞、B細胞といった獲得免疫担当細胞が、侵入してきた病原体にぴったり当てはまる抗体を作って退治します。この抗体は、一度作ると2度目はより迅速に準備されます。インフルエンザやBCGなどのワクチンはこの仕組みを利用しています。

抗体をつくるためには、まず自然免疫担当細胞が病原体を貪食し、病原体の特徴を獲得免疫担当細胞に教えてあげることが必要です。つまり、効果的な免疫システムの働きのためには、まず「自然免疫」を活発にしておくことがとても重要です。

出典:免疫について
https://www.macrophi.co.jp/lps/4-1.html

  

最小化または回避する食品

最小化または回避する食品は下記になります。これらは身体に負担をかけ免疫力を弱める可能性があるため、なるべく摂らないようにしましょう。

  • 乳製品
  • 肉、家禽、卵
  • 単糖、人工甘味料、加工食品、精製炭水化物、揚げ物

食事療法

  1. すべての食事で穀物を食べます。玄米、大麦、ファロ、キビ、そば、オートミール、ポレンタ、サワー種パンなど朝食を含むすべての食事に少なくとも1つの野菜料理を用意します。
  2. さまざまなアブラナ科の野菜(キャベツ、ブロッコリー、ルッコラ、ケール、大根など)を入れます。
  3. 穀物と野菜の量を皿の上で比較的等しく保つようにしてください。
  4. 多種多様なブランチング野菜と蒸し野菜を頻繁に、または毎日食べましょう。
  5. 週に数回または毎日、味噌汁、醤油汁、野菜スープをお試しください。
  6. 豆、豆腐、テンペ、種子、ナッツ、果物など、さまざまな健康食品を用意しましょう。
  7. 海苔を料理に(昆布とわかめ)、おかずに(あらめまたはひき)に使用します。
  8. しいたけ、舞茸などのきのこ類をスープなどの料理に使う。
  9. 味噌汁またはしょうゆのスープ、ザワークラウトまたはキムチ、自家製ピクルス、梅干し梅、酵母のないサワー種のパン、玄米またはりんご酢、梅干酢など、自然に漬物や発酵食品を毎日食べます。
  10. 番茶小枝茶、麦焙煎茶、タンポポの根茶、またはろ過水を飲む。
  11. 健康的なライフスタイルの実践
  12. ゆっくりと食べ、液体になるまでよく噛んでください。
  13. 食べ過ぎないようにしてください。
  14. 少なくとも1日30分は外を歩きます。ビタミンDはウイルスに対する巨大な保護です。
  15. 熱く湿った布で全身を約15分間毎日軽くこすって、リンパと循環を活性化させ、肌を深く清潔にします。
  16. 毎日、呼吸、瞑想、ヨガを練習してください。
  17. 笑って、良い会話をしてください。
  18. 毎日少なくとも深く感謝する1つのことを見つけます。
  19. 自然を振り返って驚嘆する、それは美しさと再生する無限の能力です

 

おすすめの新型コロナPCR検査2選

ここからは、おすすめの新型コロナウイルスのPCR検査をご紹介します。Tケアクリニックでは、50か国以上の渡航用陰性証明書発行実績があるので、陰性証明書付きのPCR検査を受けたい場合にご利用下さい。

【PCR検査はTケアクリニック】来院検査は当日予約・検査可能

Tケアクリニックでは本格的なPCR検査を受けることができます。 検査当日に結果通知路希望の方は来院検査がおすすめです。 来院検査は15,000円からで365日対応しています。浜松町駅徒歩3分。当日検査もOKで証明書は翌日発行なので時間に余裕のない方に非常におすすめです。抗原検査や海外渡航時の陰性証明書の取得も可能です。

【PCR検査はTケアクリニック】自宅でかんたんPCR検査宅配キット

“PCR検査を”身近に 検査を受けたいけどどこに連絡したらよいかわからない… PCR検査の結果の確認に時間がかかる… PCR検査を受けたいけど受ける場所がない… そんなあなたの不安を解消してくれるのが、TケアクリニックのPCR検査宅配キット。 自宅でかんたんPCR検査、唾液を採取して返送するだけで、陰性証明書の発行も可能。全国発送対応で14時迄のお申込で当日発送。24時間年中無休 で対応し、メールで結果も通知してくれます。

まとめ

コロナウイルスは免疫力の弱い高齢者が重症化します。このことは免疫力がすべてのカギを握っていることを物語っています。高齢者でも免疫力を高めることは可能です。

コロナウイルスやインフルエンザに感染した場合は、資格のあるマクロビオティックカウンセラーに連絡して、免疫力を強化し、自然に回復するためのアドバイスに加えて、医師の診察を受けてください。

免疫力を強化するレシピについては今後記事にします。

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!