本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康雑記ブログです。

DHTをブロックして脱毛と闘う6つの食品

ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンに似たホルモンで、男性と女性の両方で脱毛に寄与すると考えられています。

体内では、5-alphaレダクターゼと呼ばれる酵素を使用して、テストステロンの約5%がDHTに自然に変換されます。この酵素をブロックすることにより、多くの食品はテストステロンからのDHT生成を減少させ、脱毛を防ぐと考えられています。

DHTをブロックすることで脱毛に対抗できる6つの食品を以下に示します。

緑茶

Camellia sinensis植物に由来する緑茶は、世界で最も人気のある飲み物の1つです。緑茶の葉は蒸され、ウーロン茶や黒茶の葉の場合のように発酵されません。これにより、茶の天然成分がより多く保持されます。

これには、エピガロカテキンガレート(EGCG)と呼ばれる緑茶の主要な植物化学物質の1つが含まれます。これは、減量、心臓の健康、脳の健康などの健康上の利点に関連付けられています。

EGCGは、DHTによる脱毛から髪の毛を成長させる皮膚の部分である毛包を保護することも示されています。緑茶には植物性化合物EGCGが大量に含まれています。これは、DHTが毛包に損傷を与えないようにブロックすることで発毛をサポートする可能性があります。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、高い調理温度に耐える能力があるため、一般的に調理に使用されます。オイルはまた、美容、スキンケア、ヘアケア、そして全体的な健康にさまざまな用途があります。

ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の脂肪が主にラウリン酸の形で高率で含まれており、経口投与するとDHT生成を阻害することが示されています。

アーユルヴェーダのトリートメントでも、ココナッツオイルは頭皮ケアの重要なオイルとされています。

 

タマネギ

白玉ねぎは、甘くてシャープな風味を豊富な料理に加えます。カロリーはほとんどありませんが、ケルセチンなどの抗酸化物質を多く含んでいます。

ケルセチンは、酵素アルファ5レダクターゼの作用を遮断し、酸化ストレスを減少させることにより、テストステロンからのDHTの生成を阻害することが示されています。

ケルセチンが豊富な他の果物や野菜には、アスパラガス、ほうれん草、ケール、リンゴ、ベリーが含まれます。タマネギには抗酸化剤ケルセチンが含まれており、DHT産生を阻害することが示されています。

ウコン(ターメリック)

ウコンは、料理で広く使用されているハーブであり、その健康効果のために粉末エキスとしても使用されています。関節炎による痛みを軽減し、コレステロール値を改善し、運動の回復を促進することが、他の利点の中でも示されています。

これらの効果は、クルクミノイドと呼ばれるウコンの高濃度の活性化合物に関連しています。その中で最も研究されているのがクルクミンです。クルクミンはDHTを阻害することが期待されています。

 

カボチャの種

カボチャは冬のカボチャであり、ハロウィーンのような秋のお祭りの象徴です。

各カボチャには、鉄、亜鉛、マグネシウム、抗酸化物質が豊富な栄養価の高い種子が何百も含まれています。そして、カボチャの種油は男性の髪の成長を促進する可能性があります。カボチャ種子油は、5-alphaレダクターゼ酵素が人間のDHTを生成するのをブロックし、脱毛を予防する可能性があります。

枝豆

枝豆は、通常、スナックや前菜として楽しむ若い大豆です。

枝豆にはタンパク質と繊維が詰め込まれているだけでなく、イソフラボンが含まれています。イソフラボンは、5-alphaレダクターゼの作用をブロックすることでDHTレベルを低下させる有益な植物性化合物です。

さらに、イソフラボンのほとんどが除去された大豆タンパク質でも有益な効果が見られたため、大豆にはこれらの効果に関連する他の有効成分が含まれている可能性があります。イソフラボンの摂取量が少ないか多いかにかかわらず、大豆タンパク質を摂取するとDHTレベルが低下する可能性があることが示唆されています。

まとめ

DHTは男性と女性の両方の脱毛に寄与するホルモンです。緑茶、玉ねぎ、カボチャの種、枝豆などの食品や飲料には、DHTレベルを下げて脱毛を防ぐ栄養素が含まれています。多くの食品には、DHTレベルの低下が見込まれる栄養素が含まれていますが、さらなる研究が必要です。

ミノキシジル(ロゲイン)やフィナステリド(プロペシア)などの薬は、脱毛の治療に役立つことが示されています。ミノキシジルは血管拡張薬であり、血管を拡張します。フィナステリドは、DHT産生をブロックする5アルファ還元酵素阻害剤です。しかし、これらの薬物療法は、乳房の腫れと圧痛、不規則な月経、頭痛、性欲減退などのマイナスの副作用をもたらす可能性があるため、考慮に入れる必要があります。

ビタミンやミネラルの欠乏が脱毛の一因となっている可能性もあります。その場合、サプリメントが必要になる場合があります。適切な髪の成長と厚みに必要な他の栄養素には、タンパク質、亜鉛、鉄、ビタミンCおよびAがあります。

脱毛を経験した場合は、医療提供者との面談を予約して、病歴を確認し、脱毛の潜在的な理由を特定して適切な治療法を決定してください。

関連記事

こんにちは、育毛研究家のuchinです。40歳を過ぎてから薄毛に悩み、様々なサプリメントや育毛剤、マッサージを試しました。アデランスのヘアチェックに行ったら150万円もする育毛コースを売りつけられそうになったりもしました(笑) ヒト[…]

関連記事

育毛剤や育毛サプでも育毛・発毛は可能ですが、どうしても時間がかかってしまいます・・。 そこで早めに薄毛・抜け毛の悩みを解消したいのであれば『AGAクリニック』で治療するのがおススメです。内服薬・外用薬だけでなくメソセラピーや最新の発[…]

食養学から現代栄養学まで様々な「食」を学ぶ!食学講座

食養学・マクロビオティックの資格を取得し、バランスの整った食生活へ!

最新情報をチェックしよう!