本サイトは、Wellness(健康で), Wellbeing(幸福な), Well(より良い) Coreなライフスタイルのための美容健康暮らしの総合ポータルサイトです。

SDGs検定 試験攻略マニュアル

SDGs検定は、SDGs の基本的な理解、世界で起こっている課題やその取組に関する幅広い知識の習得を目指す検定です。

SDGs検定 試験概要

開催時期:2~3ヶ月に一度
試験時間:90分間
出題方式:選択式
受験資格:学歴・年齢・性別・国籍による制限は一切なし
試験会場:WEB上(※2020年の試験より、新型コロナウイルス感染症の影響により変更)
受験費用:5,500円(税込)
合格水準:正答率70%
合否発表:後日登録メールへ配信
主催:SDGs推進士業協会
URL:https://sdgs-samurai.or.jp/kentei.html

SDGs検定 出題問題

出題範囲

SDGsについての知識と、それを理解した上で応用力を問います。

出題傾向

SDGsとは / SDGs採択までの歴史や現在の動向 / SDGsの内容(17のゴールや169のターゲットなどに関する事項) /世界の課題を知る / 環境問題のみならず、世界の貧困・飢餓・福祉などの課題をSDGsの17のゴールと関連させて出題 /誰がSDGsに取り組むのか /SDGsのゴールを誰がどのように取り組んでいくのかについて、SDGsの基本的理解をしたうえで、応用力を試す出題

SDGs検定の合格率・平均点・受験者数

2021年6月に実施されたSDGs検定を受験した人の人数は、798名。そのうち、合格したのは195名(合格率26%)であった。平均点は、100点満点中59点である。

平均点から10点以上も取らないと合格ができませんが、合格率が25%前後になるよう調整されるため75点前後を目指しましょう。

過去問について

まず気になる過去問ですが、公式ページが例題として一部公開している以外は全く入手することができません

公式の過去問はこちら

SDGs検定を取得するメリット

SDGs検定に合格すると、合格証が発行されます。また、合格者はSDGs検定のロゴマークの使用が許可され、ロゴの使用によって、SDGsについて関心を持ち、確かな知識を有していることを、内外にアピールすることができます。

現代社会に詳しくなれる

SDGs検定の出題範囲は、SDGsに関する問題だけでなく、SDGsにまつわる世界の課題や時事問題など多岐にわたるため、現代社会に詳しくなれるというメリットがあります。
この検定を受験することで、SDGsそのものの理解が深まることはもちろんのこと、気候変動、脱炭素社会、環境問題、ESG投資などを背景とした企業の環境や社会への責任など横断的な知識を身につけることができます。

仕事の幅が広がる

SDGs検定を所有していることで新しいプロジェクトの中心になれる可能性があるのはもちろんのこと、サスティナブル部署のような部署に異動できる可能性も出てきます。
企業の中では今後の活動やサービスの展開のためにSDGsの推進を進める部署を新たに立ち上げる動きを見せているところも多く、まだ実務家の有識者が少ない分野なので、先行者優位を掴める可能性は大いにあります。

社外での活動の幅が広がる

SDGs経営の浸透率はまだ日本で高くないため、企業の枠を超えたセミナーやワークショップなどでの交流が多く行われています。SDGsという共通の話題を持つことで、普段なら関わることない社外の方々、特に異業種との交流のチャンスをもてます。

しかし、SDGsに取り組んでいてもその実態が伴っていないという企業事例が散見されるようになっています。これが「SDGsウォッシュ」といわれ問題視されています。
社外で活動した際にSDGsウォッシュと見なされないためにも、SDGs検定を保持することは非常に重視されるポイントになるでしょう。

就職活動で有利になる

今後SDGsに取り組みたいと考える企業が多い日本では、就職活動または転職活動の際にSDGsについての詳しさをアピールできるSDGs検定は非常に強力な武器になります。
また近年では資格の欄に記入できるだけでなく、エントリーシートの設問としてSDGsに関する知識が問われるものがあったり、面接でSDGsに関する考え方を問われることも少なくないため、SDGsに関する知識を付けることは大きなアドバンテージに繋がります。

新しいアイデアが生まれる

現在、SDGsに取り組んでいる企業やSDGsを取り入れたいと思っている企業は多くあります。日本でSDGsの取り組み事業もあり、SDGsに関連したアイデアや取り組みを提案することができます。
SDGs検定を持っていることで知識が増え、企業内でも環境に配慮したアイデアを提案することができます。

出典:シカクゲットナビ

SDGs検定の試験対策

問題数は約33問出題されますが、個数選択問題は配点が高め・穴埋め問題は部分点となり、具体的な配点については明らかにされていません。

SDGs検定は下記の点において、非常に難易度の高い試験です。

  • 問題集が流通しておらず、出題形式・出題ポイントが分からない
  • 非常に広範囲な内容を問われる
  • 時事問題や関連レポートなどは毎年アップデートされる
  • 非常に細かい部分の知識(数値等)が問われる
  • 暗記だけでは解けない問題がある
  • ある程度の一般常識や消去法、勘による解答も必要

また、出題割合として、下記のような構成になっています。(33問中)
①アジェンダやアクションプラン原文から出る簡単な問題・・・10問程度
②各種レポートなどから細かい部分の知識を問う問題(4、5問選択式)  ・・・13問前後
③各種レポートなどから細かい部分の知識を問う問題(個数選択) ・・・5問前後
④各種レポートなどから細かい部分の知識を問う問題(正しいもの、誤っているものを全て選べ) ・・・5問前後

①は暗記物なので確実に得点しなければらなりません。
②はどれだけレポートを読み込んでいるか、SDGsを深く理解しているかが問われます。この部分は分からない問題があっても、一般常識や消去法である程度対応できます。
③は個数選択なので、まぐれ当たりはなかなかありません。「正しいものはいくつあるか?」「誤っているものはいくつあるか?」という形式ですが、全て正しいケースが割と多い傾向があります。
④も③と同様で全ての選択肢を正しく理解していないと正解は導き出せません。

また、内容は正しいがレポートの発行年が1年違っていたり、法令施行開始年月が1年違っているなどの引っ掛け問題があるので要注意です。

「最も誤っているものはどれか?」という問題が多くあり、「少し誤っているもの」「グレーなもの」が混じっているケースがあり、紛らわしいですが消去法で最も間違っている選択肢をひねり出しましょう。

90分で33問を回答しますが、1回見直しをすれば十分です。見直しが必要な問題にはチェックが入れられるのでチェックを入れておきましょう。時間には余裕がありますが、分からないものはいくら考えても分からないので、割り切りましょう。

SDGs検定は単純に暗記すればいいというわけではなく、SDGsに対するより深い理解と応用力が求められます。

SDGs検定 テキスト・勉強方法

SDGs検定の公式サイトでおすすめの参考書が挙げられていますが、それ以外にも個人的に試験に役立った参考書も紹介します。この参考書を使って勉強するほか、国連などが発表しているデータを読むことが推奨されています。

おすすめの参考書として紹介されているのはこちら。

created by Rinker
¥1,650 (2024/03/04 17:02:53時点 楽天市場調べ-詳細)

勉強方法

SDGs検定では、非常に広範囲な内容を問われます。

そのため、参考図書にて紹介する書籍で一通り基礎を学んだ後、SDGsに関するあらゆる記事を隅々まで熟読することや、リンク集にあるユニセフやWHO(世界保健機関)、環境庁などのサイトで発行しているレポートなどで最新動向を把握する必要があります。

また、SDGs検定の対策講座として、 SDGs検定合格講座があります。
日本初のSDGs検定専門の講座で、合格に十分要点を絞ったカリキュラムとなっており、最短で合格を目指せます。

パーフェクトSDGs検定 一問一答 問題集が完成しました

SDGs検定には問題集は存在しません。よってアウトプットの学習はなかなか難しいのが現状です。

「パーフェクトSDGs検定 一問一答 問題集 410問」は、SDGsの幅広い分野を網羅的にアウトプット学習することができ、SDGsに関する深い知識を得ることができます。

SDGs検定は、4〜5個の選択肢の中から1問選択する形式ですが、一問一答問題を繰り返すことに、ひとつひとつ確実に知識を定着させていきます。各問には詳細な解説や関連リンクがあるので、理解も深まります。

また、付属の「最強のSDGsリンク集」は270以上あり、広範囲のSDGs関連領域をカバーしています。試験で問われる分野は全て網羅しているので、SDGsに対するより深い理解と応用力が身に付きます。

SDGs検定以外のSDGs資格にも応用は効くでしょう。

本問題集を解けば出題形式や出題ポイントがつかめ、どのような部分を勉強すれば良いかが分かります。

上記のSDGs検定の対策講座は、24,800円と高額ですが、本問題集であればリーズナブルな価格でSDGs検定合格の実力を養成することが可能です。

本問題集を通して学習することにより、飛躍的に合格率は上がります。 本問題集を活用して合格を勝ち取って下さい。

「パーフェクトSDGs検定 一問一答問題集 410問 & 最強リンク集」 の特徴
  1. SDGsに関する深い理解と応用力が身に付く
  2. 410問の大ボリューム
  3. 各問に詳しい解説や関連リンクを掲載
  4. SDGs検定で狙われる細かい知識のアウトプットを強化
  5. 本問題集をベースに知識の整理を行うことで大幅に学力がアップ
  6. SDGs検定以外のSDGs資格にも応用が可能
  7. 理解を深めるための最強リンク集270を付属

メルカリ、paypayフリマ、ラクマに出品しております。
「sold out」になっている場合は、出品者プロフィールから、販売中の商品をお探し下さい。よろしくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!